SHIORI Eventリスト

このページの書式について

このページでは、SHIORI/3.0および3.1(SSP拡張定義)において発行されるSHIORI Eventの各IDについての解説しています。
ここに載っていないイベントについては、SHIORI Resourceまたは外部からのSHIORI Eventのページにある可能性があります。

SHIORI Event自体についての解説が必要な場合は、「補足: SHIORI Eventとは」のページを参考にしてください。

Reference一覧について

ReferenceがあるSHIORI Eventについては、それぞれReferenceの一覧が設けられています。
もしReferenceの番号部分が「*」となっている場合、それは不定数のReferenceである事を意味します。
すなわち、そのReferenceは動作環境によって数が異なるものを扱っているために番号が不定であり、またその不定数のReferenceは全て同じ形式の内容だということです。
この場合でもReferenceには0から始まる通し番号が与えられる原則は変わらないので、例えばReference一覧に番号が*のものしかない場合は、0から不定の番号まで同じ形式のReferenceが(その環境に応じた数だけ)並び、もし一覧にReference2までがあってその次の行がReference*ならば、3から不定の番号まで同じ形式のReferenceが並びます。

[NOTIFY]表示について

説明文中に[NOTIFY]と記載があるSHIORI Eventは、普通NOTIFYコマンドで発行されます。
何も記載がない場合は普通GETコマンドで発行されます。

起動・終了・切り替えイベント

OnFirstBoot

初回起動した際に発生。
SSPでは、このイベントにスクリプトが返されなかった(204)場合、続けてOnBootが発生する。

Reference0
vanishされた回数。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnBoot

起動した際に発生。
SSPでは、OnGhostChangedOnGhostCalledOnFitstBootOnVanishedに対してスクリプトが返されなかった(204)場合、続けてこのイベントが発生する。

Reference0
起動時のシェル名。
Reference6
※MATERIA、SSPのみ 前回の処理中で落ちた時にhalt。
Reference7
※MATERIA、SSPのみ 前回の処理中で落ちたゴースト名 。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnClose

終了が指示された際に発生。
SSPでは、OnGhostChangingOnCloseAllに対してスクリプトが返されなかった(204)場合、続けてこのイベントが発生する。

Reference0
※SSPのみ 終了理由。
ユーザーが終了した場合、user
シャットダウンした場合、systemが返される。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnCloseAll

SSP自体が終了する際に発生。
オーナードローメニューの「すべて終了」が指示された場合の他、唯一起動中のゴーストにおいて「終了」が指示された場合、およびOSのシャットダウンに伴いSSPが終了する場合にも発生する。

Reference0
※SSPのみ 終了理由。
ユーザーが終了した場合、user
シャットダウンした場合、systemが返される。
  • SSP
OnGhostChanged

他のゴーストから自ゴーストに切り替えられた際に発生。
SSPでは、このイベントにスクリプトが返されなかった(204)場合、続けてOnBootが発生する。

Reference0
直前のゴーストの本体側の名前。
Reference1
直前のゴーストの切り替え時のスクリプト。
Reference2
直前のゴーストの名前。 [SSPのみ]
Reference3
直前のゴーストのパス(ファイルの場所)。 [SSPのみ]
Reference7
切り替わったゴーストのシェル名。 [SSPのみ]
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnGhostChanging

他のゴーストへの切り替え指示があった際に発生。
SSPでは、このイベントにスクリプトが返されなかった(204)場合、続けてOnCloseが発生する。

Reference0
切り替わるゴーストの本体側の名前。
Reference1
手動で切り替えた場合、manual
システムにより切り替えられた場合、automatic
が返される。
Reference2
切り替わるゴーストの名前。[SSPのみ]
Reference3
切り替わるゴーストのパス。[SSPのみ]
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnGhostCalled

他のゴーストから呼び出された際に発生。
SSPでは、このイベントにスクリプトが返されなかった(204)場合、続けてOnBootが発生する。

Reference0
呼び出したゴーストの本体側の名前。
Reference1
呼び出したゴーストの呼び出し時のスクリプト。
Reference2
呼び出したゴーストの名前。
Reference3
呼び出したゴーストのパス。
Reference7
呼び出されたゴーストのシェル名。
  • SSP
OnGhostCalling

他のゴーストの呼び出しが指示された際に発生。

Reference0
呼び出すゴーストの本体側の名前。
Reference1
手動で切り替えた場合、manual
システムにより切り替えられた場合、automatic
が返される。
Reference2
呼び出すゴーストの名前。
Reference3
呼び出すゴーストのパス。
  • SSP
OnGhostCallComplete

他のゴーストを呼び出し、そのゴーストが起動スクリプトを完了後発生。

Reference0
呼び出したゴーストの本体側の名前。
Reference1
呼び出したゴーストの起動時のスクリプト。
Reference2
呼び出したゴーストの名前。
Reference7
呼び出したゴーストのシェル名。
  • SSP
OnOtherGhostBooted

他のゴーストに呼び出された、他のゴーストが起動した際に発生。
言い換えると、呼び出したゴーストにOnGhostCallCompleteが発生するタイミングで、無関係なゴーストに発生。

Reference0
起動したゴーストの本体側名。
Reference1
起動したゴーストの起動時のスクリプト。
Reference2
起動したゴースト名。
Reference7
起動したゴーストのシェル名。
  • SSP
OnOtherGhostChanged

他のゴースト間で切り替わった際に発生。

Reference0
直前のゴーストの本体側の名前。
Reference1
切り替わったゴーストの本体側の名前。
Reference2
直前のゴーストの切り替え時のスクリプト。
Reference3
切り替わったゴーストの切り替わり時のスクリプト。
Reference4
直前のゴースト名。
Reference5
切り替わったゴースト名。
Reference14
直前のゴーストのシェル名。
Reference15
切り替わったゴーストのシェル名。
  • SSP
OnOtherGhostClosed

複数起動中、他のゴーストが終了された際に発生。

Reference0
終了したゴーストの本体側の名前。
Reference1
終了したゴーストの最後のスクリプト。
Reference2
終了したゴースト名。
Reference7
終了したゴーストのシェル名。
  • SSP
OnShellChanged

他のシェルから切り替わった際に発生。

Reference0
現在のシェル名。
Reference1
(CROWのみ)Reference0と同じ。(SSPのみ)現在のゴースト名。
Reference2
(SSPのみ)現在のシェルのパス。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnShellChanging

他のシェルへ切り替えた際に発生。

Reference0
切り替わるシェル名。
Reference1
(SSPのみ)切り替わる前(現在)のシェル名。
Reference2
(SSPのみ)切り替わるシェルのパス。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnDressupChanged

着せ替えが切替えられた際に発生する。
複数回通知される場合があり、その場合は一番最後のOnDressupChangedが[GET]、それ以外が[NOTIFY]となる。
このイベントの後に発生するOnNotifyDressupInfoも参照すること。

Reference0
着せ替え対象のキャラクターID。
Reference1
パーツの名称。
Reference2
有効になった時に1、無効になった時に0。
Reference3
パーツのカテゴリ名。
  • SSP
OnBalloonChange

他のバルーンから切り替わった際に発生。

Reference0
切り替わったバルーン名。
Reference1
切り替わったバルーンのパス。
  • SSP
OnWindowStateRestore

最小化が解除された際に発生。

  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnWindowStateMinimize

最小化が指示された際に発生。
※SSPのみ設定で喋らすことが可能。

  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnFullScreenAppMinimize

全画面表示のアプリ起動に対するSSP最小化の際に発生。
通常の最小化時に発生するOnWindowStateMinimizeに上書きされる。

  • SSP
OnFullScreenAppRestore

全画面表示のアプリ終了に対するSSP最小化復帰の際に発生。
通常の最小化復帰時に発生するOnWindowStateRestoreに上書きされる。

  • SSP
OnVirtualDesktopChanged

仮想デスクトップが切り替わった際に発生。
現状Windows 10上でのみ有効。
実験的機能のため今後仕様が変わる可能性がある

Reference0
current:現在の仮想デスクトップとゴースト表示中のデスクトップが同じ
hidden:仮想デスクトップが切り替えられ、非表示状態
minimize:ウインドウが最小化されておりどの仮想デスクトップに属するかわからない
Reference1
現在の仮想デスクトップID。
  • SSP
OnCacheSuspend

ゴーストキャッシュに入った際に発生。

  • SSP
OnCacheRestore

ゴーストキャッシュから出た際に発生。

  • SSP
OnInitialize

起動した際に発生。[NOTIFY]

  • SSP
OnDestroy

終了が指示された際に発生。[NOTIFY]

  • SSP
OnSysResume

サスペンド(スリープ・休止状態(ハイバネーション)両方)解除の際に発生。

Reference0
解除理由。通常normal、システムのスケジュールによる自動解除時auto、バッテリー切れで非常停止した場合critical(Windows Vista以降廃止)
  • SSP
OnSysSuspend

サスペンド(スリープ・休止状態(ハイバネーション)両方)開始の際に発生。[NOTIFY]

  • SSP
OnBasewareUpdating

本体更新時、ダウンロードが終わりファイル更新を開始する前に発生。このイベントに反応がない場合はOnCloseAll、OnCloseの順に発生する。

Reference0
更新前のバージョン番号 例:2.3.58
Reference1
更新前のWindowsエクスプローラで見られるプロパティと同じバージョン番号 例:2.3.58.3000
  • SSP
OnBasewareUpdated

本体更新終了後、ゴーストが起動する時に発生。このイベントに反応がない場合はOnBootが発生する。

Reference0
更新後のバージョン番号 例:2.3.59
Reference1
更新後のWindowsエクスプローラで見られるプロパティと同じバージョン番号 例:2.3.59.3000
  • SSP

入力ボックスイベント

OnTeachStart

TeachBoxがオープンした際に発生。

  • Materia
  • SSP
OnTeachInputCancel

TeachBoxが閉じられた際に発生。

Reference0
(空文字列。OnUserInputCancelとReferenceの番号をあわせるための空席。)
Reference1
閉じられた場合、cancel。
  • SSP
OnTeach

TeachBoxからの入力があった際に発生。

Reference*
入力された言葉の履歴。Reference0が1回目~最新の入力が末尾(n回目の入力がReference[n-1])
  • SSP
OnCommunicate

CommunicateBox、または他ゴーストからスクリプトを渡された際に発生。

Reference0
Boxからはuser、ゴーストからはゴーストの本体側名。
Reference1
スクリプトの内容。
Reference*
拡張情報。
  • Materia
  • SSP
OnCommunicateInputCancel

CommunicateBoxが閉じられた際に発生。

Reference0
(空文字列。OnUserInputCancelとReferenceの番号をあわせるための空席。)
Reference1
閉じられた場合、cancel。
  • SSP
OnUserInput

InputBoxに入力され決定された際に発生。

Reference0
InputBoxのID。
Reference1
入力された内容。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnUserInputCancel

InputBoxが閉じられた際に発生。

Reference0
入力のイベントID。
Reference1
タイムアウトした場合、timeout。閉じられた場合、close。
  • SSP
inputbox.autocomplete

ボックス展開時に発生。このイベントにバイト値1区切りでテキストのリストを返すと、入力ボックスでオートコンプリート機能が動作。
(WinMe/2000以降)

Reference0
入力ボックスの種類。inputbox・teachbox・communicateboxのいずれか。
Reference1
inputboxの場合のみ、入力完了時に起きるイベント名/識別子。
  • SSP

ダイアログボックスイベント

OnSystemDialog

ファイル関連のダイアログで保存/OKが押された際に発生。

Reference0
open・save・folder・colorのいずれか。
Reference1
イベントID。
Reference2
ファイルのパスまたはカンマ区切りのRGB値。
  • SSP
OnSystemDialogCancel

ファイル関連のダイアログでキャンセルが押された際に発生。

Reference0
open・save・folder・colorのいずれか。
Reference1
イベントID。
  • SSP
OnConfigurationDialogHelp

設定ダイアログのヘルプボタンで項目をクリックした際に発生。

Reference0

ダイアログID。種類とページとの対応は以下。

  • setup …… 一般
  • ghost …… ゴースト(1)
  • ghost2 …… ゴースト(2)
  • folder …… フォルダ
  • display …… 表示
  • talk …… 喋り/バルーン
  • network …… 接続(1)
  • network2 …… 接続(2)
  • biff …… POP
  • application …… 外部アプリ
  • messenger …… IM
  • ipmessenger …… IPMessenger
  • international …… 国際化
  • developer …… 開発/その他
Reference1
ダイアログタイトル。
Reference2
項目タイプ:項目名。
Reference3
項目内容テキスト。
  • SSP

時間イベント

OnSecondChange

1秒ごとに発生。

トーク再生不能な時は、Reference3が0になった上でNOTIFYでイベント通知される。返されたスクリプトは無視される。

Reference0
OSの連続起動時間(hour)
Reference1
見切れ時に1、それ以外は0。
Reference2
重なり時に1、それ以外は0。
Reference3
トーク再生可能なときに1、それ以外は0。
Reference4
※SSPのみ (OSレベルで)何も操作せず放置されている時間。秒単位。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnMinuteChange

1分ごとに発生。

トーク再生不能な時は、Reference3が0になった上でNOTIFYでイベント通知される。返されたスクリプトは無視される。

Reference0
OSの連続起動時間(hour)
Reference1
見切れ時に1、それ以外は0。
Reference2
重なり時に1、それ以外は0。
Reference3
トーク再生可能なときに1、それ以外は0。
Reference4
※SSPのみ (OSレベルで)何も操作せず放置されている時間。秒単位。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnHourTimeSignal

時報イベント。毎正時(?時0分0秒近く)に発生。

トーク再生不能な時はトークできるようになるまで待つ。そのため少しずれた時間に通知されることがある。

Reference0
OSの連続起動時間(hour)
Reference1
見切れ時に1、それ以外は0。
Reference2
重なり時に1、それ以外は0。
Reference3
常に1。(トーク再生可能になるまで待つため)
Reference4
※SSPのみ (OSレベルで)何も操作せず放置されている時間。秒単位。
  • SSP

消滅イベント

OnVanishSelecting

消滅が指示された際に発生。

  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnVanishSelected

確認ダイアログでYESが選択された際に発生。

  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnVanishCancel

確認ダイアログでNOが選択された際に発生。

  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnVanishButtonHold

消滅イベント中ダブルクリックでキャンセルされた際に発生。

Reference0
中断の操作が起きたスクリプト。
Reference1
中断の操作が起きたバルーンのスコープ番号。本体側0、相方側1、それ以降も。
Reference2
中断位置。スクリプト先頭からの文字数で表現。文字数はさくらスクリプトのタグも含めたもの。
例)\s[2]あいうえお の「あ」までで中断された場合、6
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnVanished

直前のゴーストの消滅により自分に切り替わった際に発生。
SSPでは、このイベントにスクリプトが返されなかった(204)場合、続けてOnBootが発生する。
またSSPでは同時起動中の他のゴーストが消滅した際に、OnOtherGhostVanishへスクリプトが返却されなかった際にも発生するため注意。この場合OnBootへのフォールバックはない。

Reference0
消滅したゴーストの本体側の名前。
Reference1
※SSPのみ 消滅したゴーストのOnVanishSelectedイベントのスクリプト。
Reference2
※SSPのみ 消滅したゴースト名。
Reference7
※SSPのみ 切り替わったゴーストのシェル名。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnOtherGhostVanish

複数起動中、他のゴーストが消滅した際に発生。

Reference0
消滅したゴーストの本体側の名前。
Reference1
消滅したゴーストのOnVanishSelectedイベントのスクリプト。
Reference2
消滅したゴースト名。
Reference7
切り替わったゴーストのシェル名。
  • SSP

選択肢イベント

OnChoiceSelect

選択肢が選択された際に発生。

Reference0
選択された選択肢のID。
Reference*
※CROWのみ 選択肢の2番目以降のID。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnChoiceSelectEx

選択肢が選択された際に発生。
OnChoiceSelectよりも先に開始。

Reference0
選択肢のテキスト(ラベル)。
Reference1
選択肢のID。
Reference*
拡張情報(\qタグ内の3番目以降の引数)。
  • SSP
OnChoiceEnter

選択肢上にカーソルが乗った際と外れた際に発生。
選択肢から外れた際のOnChoiceEnterはReferenceなしで発生する。
[NOTIFY]

Reference0
選択肢のテキスト(ラベル)。
Reference1
選択肢のID。
Reference*
拡張情報(\qタグ内の3番目以降の引数)。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnChoiceTimeout

選択肢待ち時間がタイムアウトした際に発生。

Reference0
タイムアウトしたスクリプト。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnChoiceHover

選択肢上で静止された際に発生。

Reference0
選択肢のテキスト(ラベル)。
Reference1
選択肢のID。
Reference*
拡張情報(\qタグ内の3番目以降の引数)。
  • SSP
OnAnchorSelect

\_aジャンパがクリックされた瞬間に発生。

Reference0
選択されたジャンパのID。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnAnchorSelectEx

\_aジャンパがクリックされた瞬間に発生。このイベントにSHIORIが何も返さなかった場合にのみ、続けてOnAnchorSelectが発生する。

Reference0
選択されたジャンパのテキスト。
Reference1
選択されたジャンパのID。
Reference*
拡張情報(\_aタグ内の2番目以降の引数)。
  • SSP

サーフェスイベント

OnSurfaceChange

サーフェスが変わった際に発生。
[NOTIFY]

Reference0
本体側の現在サーフェス。
Reference1
相方側の現在サーフェス。
Reference2
※SSPのみ キャラID,サーフェス番号,幅,高さ
  • SSP
  • CROW
OnSurfaceRestore

トーク後一定時間経過後に一度発生。
SSPの場合は本体設定の喋りタイムアウトで設定された秒数+15秒後に発生(つまりバルーンが閉じてから15秒後)。
※喋りタイムアウト設定が0のときだけOnSurfaceRestoreが発生するまでバルーンが表示され続ける。

Reference0
本体側の現在サーフェス。
Reference1
相方側の現在サーフェス。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnOtherSurfaceChange

(自分以外の)他のゴーストのサーフェス(表情)が変わった際に通知されます。
負荷対策のため、標準では無効のイベントです。このイベントを使用するためには、事前に \![set,othersurfacechange,true] で有効化する必要があります。

Reference0
ゴースト名
Reference1
ゴーストSakura名
Reference2
サーフェスが切り替わったウインドウID(Sakura=0)
Reference3
新サーフェスID
Reference4
旧サーフェスID
Reference5
新しいサーフェスの大きさ(座標:左,上,右,下)
  • SSP

マウスイベント

OnMouseClick

左・右ボタン(+中ボタン)でマウスクリックされた時(マウスボタンを1回押して放された瞬間)に、OnMouseUpに反応しない場合に発生。

Reference0
マウスカーソルの x 座標(ローカル座標)
Reference1
マウスカーソルの y 座標(ローカル座標)
Reference2
常に0。
Reference3
本体の場合は0、相方の場合は1。SSP/CROWでは2以降もある。
Reference4
当たり判定の識別子。
Reference5
左クリックは0、右クリックは1、中クリックは2(互換仕様:OnMouseClickExへの移行を推奨)。
Reference6
※SSPのみ windows7以降、マルチタッチ対応環境のタッチパネル(※タッチパッド不可)からの入力でtouch、マウスなどからの入力でmouse
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnMouseClickEx

左・右ボタン以外でマウスクリックされた時(マウスボタンを1回押して放された瞬間)に、OnMouseUpExに反応しない場合に発生。

Reference0
マウスカーソルの x 座標(ローカル座標)
Reference1
マウスカーソルの y 座標(ローカル座標)
Reference2
常に0。
Reference3
本体の場合は0、相方の場合は1。SSP/CROWでは2以降もある。
Reference4
当たり判定の識別子。
Reference5
ホイールクリック(または3ボタンマウスの中ボタン)はmiddle、拡張ボタン1(通常「戻る」に割当)はxbutton1、拡張ボタン2(通常「進む」に割当)はxbutton2。
Reference6
windows7以降、マルチタッチ対応環境のタッチパネル(※タッチパッド不可)からの入力でtouch、マウスなどからの入力でmouse
  • SSP
OnMouseDoubleClick

左・右ボタンでダブルクリックされた際に発生。

Reference0
マウスカーソルの x 座標(ローカル座標)
Reference1
マウスカーソルの y 座標(ローカル座標)
Reference2
常に0。
Reference3
本体の場合は0、相方の場合は1。SSP/CROWでは2以降もある。
Reference4
当たり判定の識別子。
Reference5
左クリックは0、右クリックは1。
Reference6
※SSPのみ windows7以降、マルチタッチ対応環境のタッチパネル(※タッチパッド不可)からの入力でtouch、マウスなどからの入力でmouse
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnMouseDoubleClickEx

左・右ボタン以外でダブルクリックされた際に発生。

Reference0
マウスカーソルの x 座標(ローカル座標)
Reference1
マウスカーソルの y 座標(ローカル座標)
Reference2
常に0。
Reference3
本体の場合は0、相方の場合は1。SSP/CROWでは2以降もある。
Reference4
当たり判定の識別子。
Reference5
ホイールクリック(または3ボタンマウスの中ボタン)はmiddle、拡張ボタン1(通常「戻る」に割当)はxbutton1、拡張ボタン2(通常「進む」に割当)はxbutton2。
Reference6
windows7以降、マルチタッチ対応環境のタッチパネル(※タッチパッド不可)からの入力でtouch、マウスなどからの入力でmouse
  • SSP
OnMouseMultipleClick

3回以上連続でクリックされた際に発生。
※SHIORIから同イベントに応答が無い場合、通常通りOnMouseClickとOnMouseDoubleClickの流れに戻る。

Reference0
マウスカーソルの x 座標(ローカル座標)
Reference1
マウスカーソルの y 座標(ローカル座標)
Reference2
常に0。
Reference3
本体の場合は0、相方の場合は1。それ以降2~
Reference4
当たり判定の識別子。
Reference5
左クリックは0、右クリックは1
Reference6
windows7以降、マルチタッチ対応環境のタッチパネル(※タッチパッド不可)からの入力でtouch、マウスなどからの入力でmouse
Reference7
連続クリック回数
  • SSP
OnMouseMultipleClickEx

左・右ボタン以外で3回以上連続でクリックされた際に発生。
※SHIORIから同イベントに応答が無い場合、通常通りOnMouseClickExとOnMouseDoubleClickExの流れに戻る。

Reference0
マウスカーソルの x 座標(ローカル座標)
Reference1
マウスカーソルの y 座標(ローカル座標)
Reference2
常に0。
Reference3
本体の場合は0、相方の場合は1。それ以降2~
Reference4
当たり判定の識別子。
Reference5
ホイールクリック(または3ボタンマウスの中ボタン)はmiddle、拡張ボタン1(通常「戻る」に割当)はxbutton1、拡張ボタン2(通常「進む」に割当)はxbutton2。
Reference6
windows7以降、マルチタッチ対応環境のタッチパネル(※タッチパッド不可)からの入力でtouch、マウスなどからの入力でmouse
Reference7
連続クリック回数
  • SSP
OnMouseUp

左・右のマウスボタンが放された際に発生。

Reference0
マウスカーソルの x 座標(ローカル座標)
Reference1
マウスカーソルの y 座標(ローカル座標)
Reference2
常に0。
Reference3
本体の場合は0、相方の場合は1。SSP/CROWでは2以降もある。
Reference4
当たり判定の識別子。
Reference5
左クリックは0、右クリックは1、中クリックは2(互換仕様:OnMouseClickExへの移行を推奨)。
Reference6
windows7以降、マルチタッチ対応環境のタッチパネル(※タッチパッド不可)からの入力でtouch、マウスなどからの入力でmouse
  • SSP
OnMouseUpEx

左・右以外のマウスボタンが放された際に発生。

Reference0
マウスカーソルの x 座標(ローカル座標)
Reference1
マウスカーソルの y 座標(ローカル座標)
Reference2
常に0。
Reference3
本体の場合は0、相方の場合は1。SSP/CROWでは2以降もある。
Reference4
当たり判定の識別子。
Reference5
ホイールクリック(または3ボタンマウスの中ボタン)はmiddle、拡張ボタン1(通常「戻る」に割当)はxbutton1、拡張ボタン2(通常「進む」に割当)はxbutton2。
Reference6
windows7以降、マルチタッチ対応環境のタッチパネル(※タッチパッド不可)からの入力でtouch、マウスなどからの入力でmouse
  • SSP
OnMouseDown

左・右のマウスボタンが押された際に発生。

Reference0
マウスカーソルの x 座標(ローカル座標)
Reference1
マウスカーソルの y 座標(ローカル座標)
Reference2
常に0。
Reference3
本体の場合は0、相方の場合は1。SSP/CROWでは2以降もある。
Reference4
当たり判定の識別子。
Reference5
左クリックは0、右クリックは1、中クリックは2(互換仕様:OnMouseClickExへの移行を推奨)。
Reference6
windows7以降、マルチタッチ対応環境のタッチパネル(※タッチパッド不可)からの入力でtouch、マウスなどからの入力でmouse
  • SSP
OnMouseDownEx

左・右以外のマウスボタンが押された際に発生。

Reference0
マウスカーソルの x 座標(ローカル座標)
Reference1
マウスカーソルの y 座標(ローカル座標)
Reference2
常に0。
Reference3
本体の場合は0、相方の場合は1。SSP/CROWでは2以降もある。
Reference4
当たり判定の識別子。
Reference5
ホイールクリック(または3ボタンマウスの中ボタン)はmiddle、拡張ボタン1(通常「戻る」に割当)はxbutton1、拡張ボタン2(通常「進む」に割当)はxbutton2。
Reference6
windows7以降、マルチタッチ対応環境のタッチパネル(※タッチパッド不可)からの入力でtouch、マウスなどからの入力でmouse
  • SSP
OnMouseMove

マウスが移動した際に発生。

Reference0
マウスカーソルの x 座標(ローカル座標)
Reference1
マウスカーソルの y 座標(ローカル座標)
Reference2
マウスホイールの回転量および回転方向。
Reference3
本体の場合は0、相方の場合は1。SSP/CROWでは2以降もある。
Reference4
当たり判定の識別子。
Reference5
※SSPのみ 常に0。
Reference6
※SSPのみ windows7以降、マルチタッチ対応環境のタッチパネル(※タッチパッド不可)からの入力でtouch、マウスなどからの入力でmouse
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnMouseWheel

マウスホイールが回転した際に発生。
SSP2.3.53以降、タッチパネル環境であった場合に、OnMouseGestureのReference5がupまたはdownであるようなものに対してSHIORIが何も返さなかった(204 No Contentが返された)時にも代替イベントとしてOnMouseWheelが発生する。その場合Reference2の数値は元々のOnMouseGestureの移動量とup・downの方向から変換される(upなら正数、downなら負数)。

Reference0
マウスカーソルの x 座標(ローカル座標)
Reference1
マウスカーソルの y 座標(ローカル座標)
Reference2
マウスホイールの回転量および回転方向。
Reference3
本体の場合は0、相方の場合は1。SSP/CROWでは2以降もある。
Reference4
当たり判定の識別子。
Reference5
※SSPのみ 常に0。
Reference6
※SSPのみ windows7以降、マルチタッチ対応環境のタッチパネル(※タッチパッド不可)からの入力でtouch、マウスなどからの入力でmouse
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnMouseEnterAll

マウスがキャラクターウインドウに入った際に発生。

Reference0
マウスカーソルの x 座標(ローカル座標)
Reference1
マウスカーソルの y 座標(ローカル座標)
Reference2
常に0。
Reference3
本体の場合は0、相方の場合は1。SSP/CROWでは2以降もある。
Reference4
当たり判定の識別子。
Reference5
常に0。
Reference6
windows7以降、マルチタッチ対応環境のタッチパネル(※タッチパッド不可)からの入力でtouch、マウスなどからの入力でmouse
  • SSP
OnMouseLeaveAll

マウスがキャラクターウインドウから出た際に発生。

Reference0
マウスカーソルの x 座標(ローカル座標)
Reference1
マウスカーソルの y 座標(ローカル座標)
Reference2
常に0。
Reference3
本体の場合は0、相方の場合は1。SSP/CROWでは2以降もある。
Reference4
当たり判定の識別子。
Reference5
常に0。
Reference6
windows7以降、マルチタッチ対応環境のタッチパネル(※タッチパッド不可)からの入力でtouch、マウスなどからの入力でmouse
  • SSP
OnMouseEnter

マウスが当たり判定に入った際に発生。

Reference0
マウスカーソルの x 座標(ローカル座標)
Reference1
マウスカーソルの y 座標(ローカル座標)
Reference2
常に0。
Reference3
本体の場合は0、相方の場合は1。SSP/CROWでは2以降もある。
Reference4
当たり判定の識別子。
Reference5
常に0。
Reference6
windows7以降、マルチタッチ対応環境のタッチパネル(※タッチパッド不可)からの入力でtouch、マウスなどからの入力でmouse
  • SSP
OnMouseLeave

マウスが当たり判定から出た際に発生。

Reference0
マウスカーソルの x 座標(ローカル座標)
Reference1
マウスカーソルの y 座標(ローカル座標)
Reference2
常に0。
Reference3
本体の場合は0、相方の場合は1。SSP/CROWでは2以降もある。
Reference4
当たり判定の識別子。
Reference5
常に0。
Reference6
windows7以降、マルチタッチ対応環境のタッチパネル(※タッチパッド不可)からの入力でtouch、マウスなどからの入力でmouse
  • SSP
OnMouseDragStart

マウスをドラッグし始めた際に発生。

Reference0
マウスカーソルの x 座標(ローカル座標)
Reference1
マウスカーソルの y 座標(ローカル座標)
Reference2
マウスホイールの回転量および回転方向。
Reference3
本体の場合は0、相方の場合は1。SSP/CROWでは2以降もある。
Reference4
当たり判定の識別子。
Reference5
左クリックは0、右クリックは1。
Reference6
windows7以降、マルチタッチ対応環境のタッチパネル(※タッチパッド不可)からの入力でtouch、マウスなどからの入力でmouse
  • SSP
OnMouseDragEnd

マウスをドラッグし終えた際に発生。

Reference0
マウスカーソルの x 座標(ローカル座標)
Reference1
マウスカーソルの y 座標(ローカル座標)
Reference2
マウスホイールの回転量および回転方向。
Reference3
本体の場合は0、相方の場合は1。SSP/CROWでは2以降もある。
Reference4
当たり判定の識別子。
Reference5
左クリックは0、右クリックは1。
Reference6
windows7以降、マルチタッチ対応環境のタッチパネル(※タッチパッド不可)からの入力でtouch、マウスなどからの入力でmouse
  • SSP
OnMouseHover

マウスが静止している際に発生。

Reference0
マウスカーソルの x 座標(ローカル座標)
Reference1
マウスカーソルの y 座標(ローカル座標)
Reference2
常に0。
Reference3
本体の場合は0、相方の場合は1。SSP/CROWでは2以降もある。
Reference4
当たり判定の識別子。
Reference5
常に0。
Reference6
windows7以降、マルチタッチ対応環境のタッチパネル(※タッチパッド不可)からの入力でtouch、マウスなどからの入力でmouse
  • SSP
OnMouseGesture

マウスを右ドラッグまたはホイールをドラッグした際に発生。
なおSSP2.3.53以降、タッチパネル環境でOnMouseGestureのReference5がupまたはdownであるようなものに対してSHIORIが何も返さなかった(204 No Contentが返された)場合、代替イベントとしてOnMouseWheelが発生する。詳細はOnMouseWheelの節を参照。

Reference0
本体の場合は0、相方の場合は1。SSP/CROWでは2以降もある。
Reference1
マウスカーソルの xy 座標(バイト値1区切り)
Reference2
当たり判定の識別子。
Reference3
右ドラッグを開始したマウスカーソルの xy 座標(バイト値1区切り)
Reference4
右ドラッグを開始した当たり判定の識別子。
Reference5
ジェスチャー方向。
left_up(左上) up(上) right_up(右上)
left(左) right(右)
left_down(左下) down(下) right_down(右下)
circle.cw(時計回り) circle.ccw(反時計回り)
end(右ボタンをはなした)
Reference6
ジェスチャー移動角度。
右0度から反時計回りに360度。
  • SSP

バルーンイベント

OnBalloonBreak

SSTP以外でブレイクされた際に発生。

Reference0
中断の操作が起きたスクリプト。
Reference1
中断の操作が起きたバルーンのスコープ番号。本体側0、相方側1、それ以降も。
Reference2
中断位置。スクリプト先頭からの文字数で表現。文字数はさくらスクリプトのタグも含めたもの。
例)\s[2]あいうえお の「あ」までで中断された場合、6
  • SSP
OnBalloonClose

バルーンを閉じた際に発生。

Reference0
閉じる際に表示されていたスクリプト。
  • SSP
OnBalloonTimeout

選択肢以外でバルーンがタイムアウトした際に発生。

Reference0
タイムアウトした際に表示されていたスクリプト。
Reference1
残り時間。
  • SSP

トレイバルーンイベント

OnTrayBalloonClick

トレイアイコンのバルーンをクリックして消した際に発生。

Reference0
タイトル文字列。
Reference1
表示テキスト。
  • SSP
OnTrayBalloonTimeout

トレイアイコンのバルーンをタイムアウトや閉じるボタンで消した際に発生。

Reference0
タイトル文字列。
Reference1
表示テキスト。
  • SSP

インストールイベント

OnInstallBegin

アーカイブのインストール開始の際に発生。

  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnInstallComplete

インストールが正常終了した際に発生。

Reference0
インストールした物の※識別子
Reference1
インストールした物の名前(install.txtのname指定)。
Reference2
インストールした物の名前2(ghost with balloonなどの場合のballoon側の名前)。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnInstallCompleteEx

インストールが正常終了した際に発生。
このイベントが無かった場合OnInstallCompleteが発生。

Reference0
インストールした物の※識別子。複数の場合はバイト値1区切り。
Reference1
インストールした物の名前。複数の場合はバイト値1区切り。
Reference2
インストールした場所。複数の場合はバイト値1区切り。
  • SSP
OnInstallFailure

インストールに失敗した際に発生。

Reference0
※失敗理由
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnInstallRefuse

インストールするファイルが他のゴーストを指名していた際に発生。

Reference0
指定されたゴーストの本体側名(install.txtのaccept指定、つまり本来渡すべき相手)。
  • Materia
  • SSP
  • CROW

インストールの識別子

  • shell
  • ghost
  • balloon
  • plugin
  • headline
  • supplement

以下二つはOnInstallComplete / OnNarCreatedのみ

  • ghost with balloon
  • shell with balloon

以下三つはSSP専用

  • calendar skin
  • calendar plugin
  • package

インストールの失敗理由

unlha32
lzh形式ファイルを展開するdllのロードに失敗した
extraction
解凍失敗(ファイル破損)
invalid type
install.txtに不備がある
artificial
ユーザがインストールを中断した(※SSPのみ)
unsupported
その他サポートしていないアーカイブ

ファイルドロップイベント

OnFileDropping

ファイルをドラッグしたままのカーソルがゴースト上に乗った際に発生。

Reference0
ドラッグしているファイルパス。
Reference1
ドロップされたキャラクターのスコープ番号。本体側0、相方1、3人目以降は2以降。
  • SSP
  • CROW
OnFileDropped

[旧仕様]ファイルがDnDされた際に発生。

Reference0
ドロップされたファイルパス。
Reference1
ドロップされたキャラクターのスコープ番号。本体側0、相方1、3人目以降は2以降。
  • SSP
  • CROW
OnDirectoryDrop

ディレクトリがDnD された際に発生。

Reference0
ドロップされたディレクトリのパス。
Reference1
ドロップされたキャラクターのスコープ番号。本体側0、相方1、3人目以降は2以降。
  • SSP
  • CROW
OnWallpaperChange

画像ファイルのDnDによって壁紙が変更された際に発生。

Reference0
ドロップされたファイルパス。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnFileDrop

[旧仕様]ファイルがDnDされた際に発生。

Reference0
ドロップされたファイルパス。
Reference1
ドロップされたキャラクターのスコープ番号。本体側0、相方1、3人目以降は2以降。
  • SSP
  • CROW
OnFileDrop2

ファイルがDnDされた際に発生。

Reference0
ドロップされたファイルパスを(複数あればbyte値1で区切って)返す。
Reference1
ドロップされたキャラクターのスコープ番号。本体側0、相方1、3人目以降は2以降。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnFileDropEx

ファイルがDnDされた際に発生。

Reference0
ドロップされたファイルパスを(複数あればbyte値1で区切って)返す。
Reference1
ドロップされたキャラクターのスコープ番号。本体側0、相方1、3人目以降は2以降。
  • SSP
OnUpdatedataCreating

ゴーストフォルダがDnDされた際に発生。

  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnUpdatedataCreated

updates2.dauが作成された際に発生。

  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnNarCreating

install.txtの入ったゴーストフォルダがDnDされた際に発生。

Reference0
narにするオブジェクト名。
Reference1
narに出力されたファイル名。
Reference2
※識別子。インストールの識別子参照。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnNarCreated

narファイルが作成された際に発生。

Reference0
narにするオブジェクト名。
Reference1
narに出力されたファイル名。
Reference2
※識別子。インストールの識別子参照。
  • Materia
  • SSP
  • CROW

URLドロップイベント

OnURLDropping

URLがドロップされた際に発生。

Reference0
URLパス。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnURLDropped

ドロップされたURLを受領し終わった際に発生。

Reference0
ダウンロードし終わったファイルのローカルパス。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnURLDropFailure

ドロップされたURLの受領に失敗したかキャンセルされた際に発生。

Reference0
ダウンロードし終わった分のファイルのローカルパス。
Reference1
ユーザーのダブルクリックによって中断した場合、artificial
タイムアウトした場合、timeout。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnURLQuery

URLがキャラクターウィンドウにドラッグ&ドロップされた際に通知されます。
これに対してスクリプトを返すと、OnURLDropping -> Droppedという通常のダウンロード処理がキャンセルされます。
ゴースト側でURLを独自に処理したい場合のみスクリプトを返してください。

Reference0
URLパス。
Reference1
本体の場合は0、相方の場合は1。SSP/CROWでは2以降もある。
Reference2
ドロップされたURLのMIMEタイプ
  • SSP

ネットワーク更新イベント

OnUpdateBegin

ネットワーク更新開始が指示された際に発生。

Reference0
ゴースト名。
Reference1
フルパス。
Reference3
CROW:ゴースト更新の際はghost・本体更新の際はbaseware
SSP:※更新対象種別
Reference4
SSP 2.3:※更新実行理由
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnUpdateReady

更新ファイルが確認された際に発生。

Reference0
更新を行うファイルの総数から1引かれたもの(0から始まる連番)。
Reference1
カンマでセパレートされた更新されたファイル名のリスト。
Reference3
更新対象種別。
(shell ghost balloon headline plugin)
Reference4
SSP 2.3:※更新実行理由
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnUpdateComplete

ネットワーク更新が成功し完了した際に発生。

Reference0
※成功理由
Reference1
カンマでセパレートされた更新されたファイル名のリスト。
Reference3
CROW:ゴースト更新の際はghost本体更新の際はbaseware。
SSP:※更新対象種別
Reference4
SSP 2.3:※更新実行理由
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnUpdateFailure

ネットワーク更新に失敗した際に発生。

Reference0
※失敗理由
Reference1
カンマでセパレートされた更新されたファイル名のリスト。
※SSPのみ 失敗したファイル名。
Reference3
CROW:ゴースト更新の際はghost本体更新の際はbaseware。
SSP:※更新対象種別
Reference4
SSP 2.3:※更新実行理由
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnUpdate.OnDownloadBegin

ファイルダウンロード開始の際に発生。

Reference0
ダウンロードするファイル名。
Reference1
(CROW以外)ダウンロード中の更新ファイルの番号(0から始まる連番)。
Reference2
(CROW以外)更新を行うファイルの総数から1引かれたもの(0から始まる連番)。
Reference3
(SSPのみ)※更新対象種別
Reference4
SSP 2.3:※更新実行理由
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnUpdate.OnMD5CompareBegin

MD5の照合開始の際に発生。

Reference0
比較するファイル名。
Reference1
正しいMD5値。
Reference2
落としたファイルのMD5値。
Reference3
SSP ※更新対象種別
Reference4
SSP 2.3:※更新実行理由
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnUpdate.OnMD5CompareComplete

MD5が一致した際に発生。

Reference0
落としたファイル名。
Reference1
正しいMD5値。
Reference2
落としたファイルのMD5値。
Reference3
SSP ※更新対象種別
Reference4
SSP 2.3:※更新実行理由
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnUpdate.OnMD5CompareFailure

MD5が一致しなかった際に発生。

Reference0
落としたファイル名。
Reference1
正しいMD5値。
Reference2
落としたファイルのMD5値。
Reference3
SSP ※更新対象種別
Reference4
SSP 2.3:※更新実行理由
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnUpdateOtherBegin

ゴースト以外のネットワーク更新開始が指示された際に発生。

Reference0
ゴースト名。
Reference1
フルパス。
Reference3
※更新対象種別
Reference4
SSP 2.3:※更新実行理由
  • SSP
OnUpdateOtherReady

ゴースト以外の更新ファイルが確認された際に発生。

Reference0
更新を行うファイルの総数から1引かれたもの(0から始まる連番)。
Reference1
カンマでセパレートされた更新されたファイル名のリスト。
Reference3
※更新対象種別
Reference4
SSP 2.3:※更新実行理由
  • SSP
OnUpdateOtherComplete

ゴースト以外のネットワーク更新が成功し完了した際に発生。

Reference0
※成功理由
Reference1
カンマでセパレートされた更新されたファイル名のリスト。
Reference3
※更新対象種別
Reference4
SSP 2.3:※更新実行理由
  • SSP
OnUpdateOtherFailure

ゴースト以外のネットワーク更新に失敗した際に発生。

Reference0
※失敗理由
Reference1
カンマでセパレートされた更新されたファイル名のリスト。
Reference3
※更新対象種別
Reference4
SSP 2.3:※更新実行理由
  • SSP
OnUpdateOther.OnDownloadBegin

ゴースト以外のファイルダウンロード開始の際に発生。

Reference0
ダウンロードするファイル名。
Reference1
ダウンロード中の更新ファイルの番号(0から始まる連番)。
Reference2
更新を行うファイルの総数から1引かれたもの(0から始まる連番)。
Reference3
※更新対象種別
Reference4
SSP 2.3:※更新実行理由
  • SSP
OnUpdateOther.OnMD5CompareBegin

ゴースト以外のMD5の照合開始の際に発生。

Reference0
比較するファイル名。
Reference1
正しいMD5値。
Reference2
落としたファイルのMD5値。
Reference3
※更新対象種別
Reference4
SSP 2.3:※更新実行理由
  • SSP
OnUpdateOther.OnMD5CompareComplete

ゴースト以外のMD5が一致した際に発生。

Reference1
正しいMD5値。
Reference2
落としたファイルのMD5値。
Reference3
※更新対象種別
Reference4
SSP 2.3:※更新実行理由
  • SSP
OnUpdateOther.OnMD5CompareFailure

ゴースト以外のMD5が一致しなかった際に発生。

Reference1
正しいMD5値。
Reference2
落としたファイルのMD5値。
Reference3
※更新対象種別
Reference4
SSP 2.3:※更新実行理由
  • SSP
OnUpdateCheckComplete

ネットワーク更新のチェックに成功した際に発生。

Reference0
※成功理由
Reference1
カンマでセパレートされた更新されたファイル名のリスト。
Reference3
※更新対象種別
Reference4
SSP 2.3:更新実行理由。scriptのみ。
  • SSP
OnUpdateCheckFailure

ネットワーク更新のチェックに失敗した際に発生。

Reference0
※失敗理由
Reference4
SSP 2.3:更新実行理由。scriptのみ。
  • SSP
OnUpdateResult

ネットワーク更新を実行した際に発生し、バルーン・シェル一括更新機能も含めてすべての更新結果を一括で通知する。

Reference*
更新を実行した順に、更新結果が以下のフォーマットで入っている(\1はバイト値1)

(※1)[\1](※2)[\1](※3)[\1](※4)
または
(※1)[\1](※2)[\1](※3)

  • ※1……ネットワーク更新対象の種別
  • ※2……成功時「OK」 失敗時「NG」
  • ※3……成功した場合は更新ファイル数(更新ファイルなし=noneの場合0)、失敗した場合は失敗理由
  • ※4……失敗して、かつ失敗原因のファイルがわかる場合、そのファイル名。
  • SSP
OnUpdateResultExplorer

ゴーストエクスプローラからネットワーク更新を実行した際に発生。OnUpdateResultのエクスプローラ版。

Reference*
OnUpdateResultと同じ
  • SSP

ネットワーク更新成功理由

none
更新するファイルが無かった。
changed
更新された。

ネットワーク更新失敗理由

timeout
タイムアウトした。
too slow
SSPではtimeoutになるため不出。回線が非常に重い。
md5 miss
MD5が一致しなかった。
artificial
ユーザ操作による更新中断。
404 等
そのステータスコードでの失敗。
fileio
※SSPのみ。容量不足による更新対象への書き込み失敗。
readonly
※SSPのみ。読み取り専用フラグによる更新対象への書き込み失敗。ファイルやフォルダに読み取り専用フラグがついていると発生。

ネットワーク更新対象の種別

  • ghost
  • shell
  • balloon
  • plugin
  • headline
  • baseware ※CROWのみ

ネットワーク更新理由

auto
SSPの設定などによる自動更新。
manual
オーナードローメニューからの選択などによる手動実行。
script
さくらスクリプトタグ(\![updatebymyself]など)による更新。

時計合わせイベント

OnSNTPBegin

時計合わせが開始が指示された際に発生。

Reference0
接続先サーバ名。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnSNTPCompare

サーバに接続が確立された際に発生。

Reference0
接続先サーバ名。
Reference1
カンマでセパレートされたサーバ側の現時刻。
Reference2
カンマでセパレートされたローカル側の現時刻
Reference3
サーバとローカルの時刻のずれ。(秒単位)
Reference4
※SSPのみ サーバとローカルの時刻のずれ。(ミリ秒単位)
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnSNTPCorrect

ローカル時刻をサーバ時刻に修正した際に発生。

Reference0
接続先サーバ名。
Reference1
カンマでセパレートされたサーバ側の現時刻。
Reference2
カンマでセパレートされたローカル側の現時刻
Reference3
サーバとローカルの時刻のずれ。(秒単位)
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnSNTPFailure

時計合わせに失敗した際に発生。

Reference0
接続先サーバ名。
  • Materia
  • SSP
  • CROW

メールチェックイベント

OnBIFFBegin

メールチェック開始が指示された際に発生。

Reference2
チェックするメールサーバ名、SSP、CROWはアカウント名。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnBIFFComplete

メールチェックが成功した際に発生。

Reference0
スプールされているメールの通数、1オリジン表記。
Reference1
スプールされているメールのバイト数。
Reference2
チェックするメールサーバ名。
Reference3
メールの新着差分。
Reference4
全メールのTopResult。POP通信全ヘッダリスト。メールごとバイト値2区切りの、ヘッダごとバイト値1区切り(通常はReference7の情報を利用すればよい)。
Reference5
ListResult。メールサーバ上のID。POPコマンドの「LIST」の結果に相当する内容。
Reference6
UidlResult。メールを区別するためのID。POPコマンドの「UIDL」の結果に相当する内容。
Reference7
バイト値1区切りの送信者とタイトル。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnBIFF2Complete

メールスプール数が増加した際に発生。
SSPではOnBIFFCompleteにスクリプトを返さなかった場合にのみ発生。

Reference0
スプールされているメールの通数、1オリジン表記。
Reference1
スプールされているメールのバイト数。
Reference2
チェックするメールサーバ名、SSP、CROWはアカウント名。
Reference3
全メールのTopResult。
  • Materia
  • SSP
OnBIFFFailure

メールチェックに成功した際に発生。

Reference0
※失敗理由
Reference2
チェックするメールサーバ名、SSP、CROWはアカウント名。
  • Materia
  • SSP
  • CROW

ヘッドライン/RSSセンスイベント

OnHeadlinesenseBegin

ヘッドラインセンス開始が指示された際に発生。

Reference0
ヘッドラインセンスするサイト名。
Reference1
ヘッドラインセンスするURL。
  • Materia
  • SSP
OnHeadlinesense.OnFind

読み上げるべきヘッドラインセンスがあった際に発生。

Reference0
ヘッドラインセンスするサイト名。
Reference1
ヘッドラインセンスするURL。
Reference2
※OnFind フェーズ
Reference3
ヘッドラインの内容。
  • Materia
  • SSP
OnHeadlinesenseComplete

ヘッドラインセンスが正常に終了した際に発生。
現状ヘッドラインセンスの成功は読み上げの開始を意味するので、このイベントは取得に成功したが更新が無かった場合のみ通知。

Reference0
※終了理由 現状「no update」固定。
  • Materia
  • SSP
OnHeadlinesenseFailure

ヘッドラインセンスに失敗した際に発生。

Reference0
※終了理由
  • Materia
  • SSP
OnRSSBegin

RSSセンス開始が指示された際に発生。本イベントに反応しない場合は、OnHeadlineSenseBeginが呼び出される。

Reference0
RSSセンスするサイト名。
Reference1
RSSセンスするURL。
  • SSP
OnRSSComplete

ヘッドラインセンスが正常に終了した際に発生。本イベントに反応しない場合は、表示に適切なスクリプトを生成しヘッドライン完了系イベントが呼び出される。

Reference0
no update ※終了理由
更新が無い時はReference0のみでかつ"no update"という文字列のみ
Reference0~
タイトル [\1] URL [\1] 更新日時(フォーマットはカンマ区切り:年,月,日,時,分,秒)
更新がある時はRSSの要素数分Reference0,1,2~と続く
[\1]はバイト値1
  • SSP
OnRSSFailure

RSSセンスに失敗した際に発生。本イベントに反応しない場合は、OnHeadlineSenseFailureが呼び出される。

Reference0
※終了理由
  • SSP

ヘッドラインセンスOnFindフェーズ

First
1ページ目
First and Last
1ページ目で次がない
Last
最後のページ
Next
いずれでもないページ

ヘッドラインセンス終了理由

no update
(現状OnHeadlinesenseCompleteのみ)更新がなかった
can't download
ファイルが取れなかった
can't analyze
ファイルは取れたが、有効なヘッドラインを取得できなかった

カレンダーイベント

OnSchedule5MinutesToGo

本体カレンダー機能に登録されているスケジュールの時間の5分前に発生。

Reference0
イベントのタイプ
Reference1
イベントの内容(caption)
Reference2
追加データ(subtitle)
Reference3
スクリプト(script)
  • SSP
OnScheduleRead

カレンダーアイコン上でマウスが静止し、そのスケジュールが読まれるタイミングで発生。

Reference0
イベントのタイプ
Reference1
イベントの内容(caption)
Reference2
追加データ(subtitle)
Reference3
スクリプト(script)
  • SSP
OnSchedulesenseBegin

スケジュールセンサが接続開始する際に発生。

Reference0
スケジュールセンサの名前
  • SSP
OnSchedulesenseComplete

スケジュールセンサの処理が完了した際に発生。

Reference0
スケジュールセンサの名前
Reference1
スケジュールセンサの返したスケジュールデータの数
  • SSP
OnSchedulesenseFailure

スケジュールセンサの処理に失敗した場合に発生。

Reference0
失敗した理由(ヘッドラインセンサのものと共通)
  • SSP
OnSchedulepostBegin

スケジュールセンサが投稿モードで接続開始する際に発生。

Reference0
スケジュールセンサの名前
  • SSP
OnSchedulepostComplete

スケジュールセンサが投稿処理を完了した際に発生。

Reference0
スケジュールセンサの名前
  • SSP

スケジュールタイプ

default
認識できないタイプ
event
汎用
meeting
会議
appointment
アポイントメント
reservation
病院などの予約
duedate
しめきり
party
パーティー・飲み会
date
デート
work
仕事
go
お出かけ
tv
テレビ番組
recording
録画予約
cd
CD発売日
game
ゲーム発売日
video
映像メディアの発売日
book
書籍発売日
release
その他発売日

SSTPイベント

OnSSTPBreak

SSTPがブレイクされた際に発生。

Reference0
中断の操作が起きたスクリプト。
Reference1
中断の操作が起きたバルーンのスコープ番号。本体側0、相方側1、それ以降も。
Reference2
中断位置。スクリプト先頭からの文字数で表現。文字数はさくらスクリプトのタグも含めたもの。
例)\s[2]あいうえお の「あ」までで中断された場合、6
  • Materia
  • SSP
OnSSTPBlacklisting

最終クライアントのブラックリスト行きが指示された際に発生。

Reference0
最終クライアントのIPアドレス。
  • Materia

その他通信イベント

OnExecuteHTTPComplete

execute-httpで正常に取得完了した際に発生。

Reference0
post/get
Reference1
IDで指定した文字列。
Reference2
対象のURL。
Reference3
取得したファイルのフルパス。
Reference4
取得結果コード。(timeout|fileio|200|204|403|404)等
Reference5
Cookieの文字列。
  • SSP
OnExecuteHTTPFailure

execute-httpで取得エラーした際に発生。

Reference0
post/get
Reference1
IDで指定した文字列。
Reference2
対象のURL。
Reference3
取得したファイルのフルパス。
Reference4
取得結果コード。(timeout|fileio|200|204|403|404)等
Reference5
Cookieの文字列。
  • SSP
OnExecuteHTTPSSLInfo

取得失敗(HTTPレスポンスが200以外)でも、SSL/TLSレベルでは接続に成功しているので通知される。

Reference0
async ID (無ければからっぽ)
Reference1
取得URL
Reference2
httpレスポンスコード (エラーでも通知される)
Reference3
通信バージョン 今時はだいたい "TLSv1/SSLv3" (SSP内部でSSLv2は蹴るので実はこれだけしか来ない)
Reference4
暗号化方法
例:AES256-SHA
Reference5
発行先 名前を確認したい場合は、/O=の後に続く文字列を抜き出すと良い
プログラマさん向け:OpenSSLのX509_NAME_onelineに通した結果が入る
例:/1.3.6.1.4.1.311.60.2.1.3=US/1.3.6.1.4.1.311.60.2.1.2=Delaware/businessCategory=Private Organization/serialNumber=4337446/C=US/postalCode=94107/ST=California/L=San Francisco/street=795 Folsom St, Suite 600/O=Twitter, Inc./OU=Twitter Operations/CN=twitter.com
Reference6
有効期限開始日時 年,月,日,時,分,秒
例:2011,7,7,9,0,0
Reference7
有効期限終了日時 年,月,日,時,分,秒
例:2012,7,28,8,59,59
Reference8
発行者 名前を確認したい場合は、/O=の後に続く文字列を抜き出すと良い
プログラマさん向け:OpenSSLのX509_NAME_onelineに通した結果が入る
例:/C=US/O=VeriSign, Inc./OU=VeriSign Trust Network/OU=Terms of use at https://www.verisign.com/rpa (c)06/CN=VeriSign Class 3 Extended Validation SSL CA
  • SSP
OnExecuteRSSComplete

\![execute,rss-get/post]で正常に取得完了した際に発生。

Reference0~
OnRSSCompleteと同じ。
  • SSP
OnExecuteRSSFailure

\![execute,rss-get/post]で取得エラーした際に発生。

Reference0~
OnExecuteHTTPFailureと同じ
  • SSP
OnExecuteRSS_SSLInfo

取得失敗(HTTPレスポンスが200以外)でも、SSL/TLSレベルでは接続に成功しているので通知される。

Reference0~
OnExecuteHTTPSSLInfoと同じ
  • SSP
OnPingCompleteまたは--eventで指定ID

\![execute,ping]で指定回数のping実行完了時に発生。

Reference0
--eventで指定した文字列そのもの
Reference1
送信元アドレス [\1] 全送信回数 [\1] 成功回数 [\1] 失敗回数 [\1]はバイト値1
Reference2
「OK」またはエラー情報 [\1] 返答元アドレス [\1] RTT(往復にかかった時間ms) [\1]はバイト値1
Reference2以降、送信済みのPingの1回ごとの情報が記録される。Progressの場合は不完全。
エラー情報はICMP_ECHO_REPLY Structure の Statusヘッダを参照。
  • SSP
OnPingProgressまたは--eventで指定ID+Progress

\![execute,ping]でping実行中に発生。

Reference0
--eventで指定した文字列そのもの
Reference1
送信元アドレス [\1] 全送信回数 [\1] 成功回数 [\1] 失敗回数 [\1]はバイト値1
Reference2
「OK」またはエラー情報 [\1] 返答元アドレス [\1] RTT(往復にかかった時間ms) [\1]はバイト値1
Reference2以降、送信済みのPingの1回ごとの情報が記録される。Progressの場合は不完全。
エラー情報はICMP_ECHO_REPLY Structure の Statusヘッダを参照。
  • SSP
OnNSLookupCompleteまたは--eventで指定ID

\![execute,nslookup]で成功時に発生。

Reference0
--eventで指定した文字列そのもの
Reference1
--hostで指定した文字列そのもの
Reference2
正引きでlookup、逆引きでreverse
Reference3
実行結果。正引きでIP、逆引きでホスト名。
  • SSP
OnNSLookupFailureまたは--eventで指定ID+Failure

\![execute,nslookup]で失敗時に発生。

Reference0
--eventで指定した文字列そのもの
Reference1
--hostで指定した文字列そのもの
Reference2
正引きでlookup、逆引きでreverse
  • SSP

イベント送信失敗イベント

OnRaisePluginFailure

\![raiseplugin]が失敗した際に発生。

Reference0
見つからなかった場合、notfound。
無効設定だった場合、disabled。
他、204など実行結果。
__SYSTEM_ALL_GHOST__などの場合バイト値1区切りのリスト。
Reference1
プラグインの名前またはID。
__SYSTEM_ALL_GHOST__などの場合バイト値1区切りのリスト。
Reference2
実行しようとしたイベントID。
Reference3~
実行しようとしたイベントのReference。
  • SSP
OnNotifyPluginFailure

\![notifyplugin]が失敗した際に発生。

Reference0
見つからなかった場合、notfound。
無効設定だった場合、disabled。
他、204など実行結果。
__SYSTEM_ALL_GHOST__などの場合バイト値1区切りのリスト。
Reference1
プラグインの名前またはID。
__SYSTEM_ALL_GHOST__などの場合バイト値1区切りのリスト。
Reference2
実行しようとしたイベントID。
Reference3~
実行しようとしたイベントのReference。
  • SSP
OnRaiseOtherFailure

\![raiseother]が失敗した際に発生。

Reference0
見つからなかった場合、notfound。
\t中だった場合、timecritical。
パッシブモードだった場合、passivemode。
インダクションモードだった場合、inductionmode。
最小化中だった場合、minimized。
他、204など実行結果。
__SYSTEM_ALL_GHOST__などの場合バイト値1区切りのリスト。
Reference1
ゴースト名または\0名。
__SYSTEM_ALL_GHOST__などの場合バイト値1区切りのリスト。
Reference2
実行しようとしたイベントID。
Reference3~
実行しようとしたイベントのReference。
  • SSP
OnNotifyOtherFailure

\![notifyother]が失敗した際に発生。

Reference0
見つからなかった場合、notfound。
\t中だった場合、timecritical。
パッシブモードだった場合、passivemode。
インダクションモードだった場合、inductionmode。
最小化中だった場合、minimized。
他、204など実行結果。
__SYSTEM_ALL_GHOST__などの場合バイト値1区切りのリスト。
Reference1
ゴースト名または\0名。
__SYSTEM_ALL_GHOST__などの場合バイト値1区切りのリスト。
Reference2
実行しようとしたイベントID。
Reference3~
実行しようとしたイベントのReference。
  • SSP

見切れ・重なりイベント

OnOverlap

キャラクター(サーフェス)のウインドウが重なった時に発生。
重なり状態が変わった際に逐次通知されるので、「重ならなくなった」も工夫すれば検出できる。

Reference0
ID-ID [\1] ID-ID [\1] ID-ID ...
[\1] はバイト値1
例:0-1 [\1] 0-2 で、0番ウインドウと1番ウインドウ、0番ウインドウと2番ウインドウが重なっていることを示す。
Reference1
Reference0と同じフォーマットで、状態が変わる前(=1回前のイベント発生時のReference0)が通知される。
  • SSP
OnOtherOverlap

他も含めて全起動中のキャラクター(サーフェス)のウインドウが重なった時に発生。OnOverlapのグローバル版。
重なり状態が変わった際に逐次通知されるので、「重ならなくなった」も工夫すれば検出できる。
自分自身の情報も一緒に通知されるので注意。

Reference0
Sakura名/ID-Sakura名/ID [\1] Sakura名/ID-Sakura名/ID [\1] Sakura名/ID-Sakura名/ID ...
[\1] はバイト値1
例:Emily/0-マリ/1 [\1] マリ/0-所長たん/1
Reference1
Reference0と同じフォーマットで、状態が変わる前(=1回前のイベント発生時のReference0)が通知される。
  • SSP
OnOffscreen

キャラクター(サーフェス)のウインドウがモニタ(作業領域)外にひっかかった、あるいは出た時に発生。見切れ。
見切れ状態が変わった際に逐次通知されるので、「見切れなくなった」も工夫すれば検出できる。

Reference0
ID [\1] ID [\1] ID ...
[\1] はバイト値1
例:1 [\1] 2 で、1番ウインドウと2番ウインドウが見切れていることを示す。
Reference1
Reference0と同じフォーマットで、状態が変わる前(=1回前のイベント発生時のReference0)が通知される。
  • SSP
OnOtherOffscreen

他を含めてキャラクター(サーフェス)のウインドウがモニタ(作業領域)外にひっかかった、あるいは出た時に発生。見切れ。OnOffscreenのグローバル版。
見切れ状態が変わった際に逐次通知されるので、「見切れなくなった」も工夫すれば検出できる。
自分自身の情報も一緒に通知されるので注意。

Reference0
Sakura名/ID [\1] Sakura名/ID [\1] Sakura名/ID ...
[\1] はバイト値1
例:Emily/1 [\1] 所長たん/0
Reference1
Reference0と同じフォーマットで、状態が変わる前(=1回前のイベント発生時のReference0)が通知される。
  • SSP

ネットワーク状態イベント

OnNetworkHeavy

相手サーバが時間内に応答しなかった際に発生。

Reference0
※SSPのみ タイムアウトするまでの時間。(秒単位)
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnNetworkStatusChange

ネットワーク接続状態が変わった際に発生。
起動直後のみNOTIFYで通知。

Reference0
onlineまたはoffline。
Reference1
現在居るマシンに割り当てられているIPアドレスのバイト値1区切りリスト。
  • SSP

スクリーン状態イベント

OnScreenSaverStart

スクリーンセーバーが起動した際に発生。[NOTIFY]

Reference0
スクリーンセーバ名
Reference1
スクリーンセーバ実行ファイルのパス
Reference2
スクリーンセーバ実行までの待ち時間(秒)
  • SSP
OnScreenSaverEnd

スクリーンセーバーが終了した際に発生。

Reference0
スクリーンセーバ名
Reference1
スクリーンセーバ実行ファイルのパス
Reference2
スクリーンセーバ実行までの待ち時間(秒)
  • SSP
OnDisplayChange

デスクトップ(プライマリスクリーン)の解像度/色深度が変更された際に発生。[起動時NOTIFY/他GET]

Reference0
変化後の色深度(bpp)
Reference1
変化後の解像度(width)
Reference2
変化後の解像度(height)
  • SSP
  • CROW
OnDisplayPowerStatus

モニタの電源がON/OFFされた時に発生する。単純にON/OFFされた時だけでなく、ノート型で蓋を閉じた時も対象となる。

Reference0
1 = ON / 0 = OFF
  • SSP 2.4以降

バッテリー状態イベント

OnBatteryNotify

残りバッテリー量を通知。[NOTIFY]

Reference0
残りバッテリー%。
Reference1
残り時間。不明の場合は-1。
Reference2
offline(バッテリー駆動)・online(電源供給中)・backup(UPSなど補助電源) のいずれか。
Reference3
以下の状態を示す文字列をカンマ区切りで通知。例: low,charging
high:バッテリー残量が2/3以上
low:バッテリー残量が1/3以下 (OnBatteryLowも発生)
critical:バッテリー残量が5%以下 (OnBatteryCriticalも発生)
charging:バッテリーが充電中(OnBatteryChargingStart/Stopも発生)
no_battery:バッテリーが取り外されている
power_saving:バッテリー節約機能がON (SSP 2.3.94以降/Windows 10以降)
  • SSP
OnBatteryLow

バッテリー残量が少なめ(標準20%以下:OS設定に依存)になった際に発生する。
外部アプリ「きのこ」が通知するイベントに同名の物があるので注意。
「きのこ」との互換用イベントとして実装されている。

Reference0~
OnBatteryNotifyと同じ。Reference3がcriticalになった場合、OnBatteryNotifyが発生後に本イベントも発生するので、OnBatteryNotifyに適切な処理を実装している場合こちらの対応は不要。
  • SSP
OnBatteryCritical

バッテリー残量が極端に少なく(標準5%以下:OS設定に依存)になった際に発生する。
外部アプリ「きのこ」が通知するイベントに同名の物があるので注意。
「きのこ」との互換用イベントとして実装されている。

Reference0~
OnBatteryNotifyと同じ。Reference3がcriticalになった場合、OnBatteryNotifyが発生後に本イベントも発生するので、OnBatteryNotifyに適切な処理を実装している場合こちらの対応は不要。
  • SSP
OnBatteryChargingStart

バッテリーの充電を開始した場合に発生する。
Androidの伺か」互換イベント。

Reference0~
OnBatteryNotifyと同じ。Reference3がcriticalになった場合、OnBatteryNotifyが発生後に本イベントも発生するので、OnBatteryNotifyに適切な処理を実装している場合こちらの対応は不要。
  • SSP
OnBatteryChargingStop

バッテリーの充電を停止した場合に発生する。満充電になった時とは限らない。
Androidの伺か」互換イベント。

Reference0~
OnBatteryNotifyと同じ。Reference3がcriticalになった場合、OnBatteryNotifyが発生後に本イベントも発生するので、OnBatteryNotifyに適切な処理を実装している場合こちらの対応は不要。
  • SSP

デバイス状態イベント

OnDeviceArrival

デバイスを検出された際に発生。

Reference*
タイプ、名前、製造者名、デバイスファイル名がバイト値1区切りで返る。
  • SSP
OnDeviceRemove

デバイスを削除された際に発生。

Reference*
タイプ、名前、製造者名、デバイスファイル名がバイト値1区切りで返る。
  • SSP

選択領域モードイベント

OnSelectModeBegin

\![enter,selectrect]を実行後に矩形選択モードに入った際に発生。

Reference0
本体の場合は0、相方の場合は1。SSP/CROWでは2以降もある。
Reference1
選択モード。今のところ "rect" のみ。
  • SSP
OnSelectModeCancel

\![leave,selectrect]を実行後に、選択していなかった場合や、空の選択領域になっていた場合に発生します。

Reference0
本体の場合は0、相方の場合は1。SSP/CROWでは2以降もある。
Reference1
選択モード。今のところ "rect" のみ。
  • SSP
OnSelectModeComplete

\![leave,selectrect]を実行後に矩形選択モードが解除された際に発生。

Reference0
本体の場合は0、相方の場合は1。SSP/CROWでは2以降もある。
Reference1
選択モード。今のところ "rect" のみ。
Reference2
選択結果(長方形枠)。カンマ区切りで、左,上,右,下の座標。
  • SSP
OnSelectModeMouseDown

矩形選択モード中にマウスボタンが押された際に発生。

Reference0
本体の場合は0、相方の場合は1。SSP/CROWでは2以降もある。
Reference1
選択モード。今のところ "rect" のみ。
Reference2
マウスの位置。カンマ区切りで、X(横),Y(縦)座標。
  • SSP
OnSelectModeMouseUp

矩形選択モード中にマウスボタンが離された際に発生。

Reference0
本体の場合は0、相方の場合は1。SSP/CROWでは2以降もある。
Reference1
選択モード。今のところ "rect" のみ。
Reference2
マウスの位置。カンマ区切りで、X(横),Y(縦)座標。
  • SSP

単体イベント

OnKeyPress

本体がアクティブな状態でキーが入力された際に発生。

Reference0
入力されたキー。(キートップに書かれた文字)
Reference1
入力されたキー。(Win32仮想キーコード)
Reference2
※SSPのみ キーの押しっぱなしカウント。
Reference3
※SSPのみ キーイベントが来たキャラクターウインドウID。
Reference4
※SSPのみ 修飾キーがカンマ区切りで列挙される。例:"ctrl,alt"
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnRecommendsiteChoice

メニューからサイトのリンクが選択された際に発生。

Reference0
選択されたサイト名。
Reference1
選択されたサイトのURL。
Reference2
※SSPのみ 重ねた時に表示されるサムネイル画像のURL/パス
Reference3
※SSPのみ recommendかportal
Reference4
※SSPのみ 0か1 (0=sakuraか1=keroか)
Reference5
※SSPのみ 数値 メニューの上から何番目か (0からはじまる点に注意)
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnTranslate

SHIORIがMAKOTOのトランスレート機能を兼任するためのイベント。
主に、GETコマンドのSHIORI Eventに対してベースウェアへスクリプトが返却された場合に、それに応じて発行される。
OnTranslateの元となったSHIORI Eventに対して、SHIORI内部での操作を経てベースウェアへ返却されたスクリプトが、ベースウェアによる環境変数の展開などの後に再びSHIORIに送られる。SHIORIはこのスクリプトに対して再度何らかの処理を行ってベースウェアに最終的なスクリプトとして返却できる。
なおOnTranslate自身では再度発生しない。

Reference0
元のスクリプト。
Reference1
※SSPのみ コミュニケートの場合、communicate。
SSTP SENDの場合、sstp-send。
Owned SSTPの場合、owned。
非ローカルSSTPの場合、remote。
トランスレートしない指定の場合、notranslate。
プラグインからのスクリプトの場合、plugin-script
プラグインからのイベント反応の場合、plugin-event
該当するものがカンマ区切りで返る。※該当がない場合欠番となる。
Reference2
※SSPのみ このスクリプトが発生したイベントID 。イベントが原因ではない場合欠番。
Reference3
※SSPのみ バイト値1区切りの上記イベントのReference 。イベントが原因ではない場合欠番。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
OnAITalk

\aなどによる会話が求められた際に発生。

  • SSP
OnOtherGhostTalk

他のゴーストが話した際に発生。\![set,otherghosttalk,true]で有効に。

Reference0
ゴースト名。
Reference1
ゴーストの本体側名。
Reference2
トークを中断した場合、break。
コミュニケートの場合、communicate。
SSTP SENDの場合、sstp-send。
Owned SSTPの場合、owned。
非ローカルSSTPの場合、remote。
トランスレートしない指定の場合、notranslate
プラグインからのスクリプトの場合、plugin-script
プラグインからのイベント反応の場合、plugin-event
該当するものがカンマ区切りで返る。
Reference3
他ゴーストの話したイベントID。
Reference4
他ゴーストの話した内容のスクリプト。
Reference5
バイト値1区切りの他ゴーストに渡されたReference。
  • SSP
OnEmbryoExist

SSP起動時、先にmateria.exeが起動されていた際に発生。

  • SSP
OnNekodorifExist

SSP起動時、先に猫どりふが起動されていた際に発生。

  • SSP
OnSoundStop

サウンドが終了した際に発生。

Reference0
再生ファイル名。
  • SSP
OnTextDrop

テキストデータがDnDされた際に発生。

Reference0
テキスト内容。(改行はバイト値1)
Reference1
DnDされたキャラクターのID。
  • SSP
OnShellScaling

シェル倍率が変更された際に発生。

Reference0
変更された後の倍率。(パーセント)
Reference1
変更される前の倍率。(パーセント)
  • SSP

Notifyイベント

basewareversion

ベースウェアの情報を通知。[NOTIFY]

Reference0
バージョン番号。
Reference1
本体の識別。
Reference2
※SSPのみ バージョン情報の詳細な数値。
  • SSP
  • CROW
hwnd

hwndを通知。[NOTIFY]

Reference0
ゴーストのhwnd。バイト値1区切りで各スコープ。
Reference1
バルーンのhwnd。バイト値1区切りで各スコープ。
  • Materia
  • SSP
uniqueid

unique IDを通知。[NOTIFY]

Reference0
ゴーストのユニークID。特殊なSSTPを送信する際に使用する。
  • Materia
  • SSP
capability

SHIORI拡張実装状態を通知。[NOTIFY]

Reference*

実装レベルに応じて下記がReferenceに1つずつ送られる。

equest.status
Statusヘッダ実装
request.securitylevel
SecurityLevelヘッダ実装
request.baseid
BaseIDヘッダ実装
response.marker
Markerヘッダ有効
response.errorlevel
エラーログ有効
response.errordescription
(エラーログ有効)
response.securitylevel
返り値のSecurityLevel有効
response.requestcharset
次の呼び出しの文字コード指定有効
  • SSP
ownerghostname

現在のゴースト名を通知。[NOTIFY]

Reference0
現在のゴースト名。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
otherghostname

他に起動しているゴーストの本体側名を通知。[NOTIFY]

Reference*
バイト値1区切りにされた、他に起動しているゴーストの本体側名、本体側サーフェス番号、相方側サーフェス番号。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
installedghostname

インストールされているゴーストを通知。[NOTIFY]

Reference*
インストールされているゴースト名。
  • Materia
  • SSP
  • CROW
installedshellname

インストールされているシェルを通知。[NOTIFY]

Reference*
インストールされているシェル名。
  • SSP
  • CROW
installedballoonname

インストールされているバルーンを通知。[NOTIFY]

Reference*
インストールされているバルーン名。
  • SSP
  • CROW
installedheadlinename

インストールされているRSS/ヘッドラインを通知。[NOTIFY]

Reference*
インストールされているRSS/ヘッドライン名。
  • SSP
installedplugin

インストールされているプラグインを通知。[NOTIFY]

Reference*
バイト値1区切りで、インストールされているプラグイン名,プラグインID
  • SSP
ghostpathlist

ゴースト格納フォルダ(SSPの本体設定->フォルダ のゴーストの設定)のパスを通知。[NOTIFY]

Reference*
ゴースト格納フォルダの絶対パス
  • SSP
balloonpathlist

バルーン格納フォルダ(SSPの本体設定->フォルダ のバルーンの設定)のパスを通知。[NOTIFY]

Reference*
バルーン格納フォルダの絶対パス
  • SSP
headlinepathlist

ヘッドライン格納フォルダ(SSPの本体設定->フォルダ のヘッドラインの設定)のパスを通知。[NOTIFY]

Reference*
ヘッドライン格納フォルダの絶対パス
  • SSP
pluginpathlist

プラグイン格納フォルダ(SSPの本体設定->フォルダ のプラグインの設定)のパスを通知。[NOTIFY]

Reference*
プラグイン格納フォルダの絶対パス
  • SSP
calendarskinpathlist

カレンダースキン格納フォルダのパスを通知。[NOTIFY]

Reference*
カレンダースキン格納フォルダの絶対パス
  • SSP
calendarpluginpathlist

カレンダーのスケジュールセンサ格納フォルダのパスを通知。[NOTIFY]

Reference*
カレンダーのスケジュールセンサ格納フォルダの絶対パス
  • SSP
rateofusegraph

使ってるぞグラフの情報を通知。[NOTIFY]

Reference*

バイト値1区切りにされたゴースト名、sakura名、kero名、起動回数、起動時間(分)、起動時間%、(boot install vanish)。

boot
起動中の時。
install
インストールされている時。
vanish
アンインストールした情報が残ってる時。
  • SSP
enable_log

開発用パレットの「SHIORI内部ログ機能有効」のON/OFF。[NOTIFY]

Reference0
ONなら1、OFFなら0
  • SSP
OnNotifySelfInfo

ゴースト自身の情報を通知。[NOTIFY]

Reference0
ゴースト名。
Reference1
本体側の名前。
Reference2
相方側の名前。
Reference3
現在のシェル名。
Reference4
現在のシェルへの絶対パス。
Reference5
現在のバルーン名。
Reference6
現在のバルーンへの絶対パス。
  • SSP
  • CROW
OnNotifyBalloonInfo

現在使用中のバルーン情報を通知。[NOTIFY]

Reference0
選択しているバルーンの名前
Reference1
選択しているバルーンのフルパス
Reference2
サーフェス番号リスト [キャラID+コロン+カンマ区切り+スペース] 例:0:0,1,2,3 1:0,1
  • SSP
OnNotifyShellInfo

現在使用中のシェル情報を通知。[NOTIFY]

Reference0
選択しているシェルの名前
Reference1
選択しているシェルのフルパス
Reference2
サーフェス番号リスト [カンマ区切り] 例:0,1,2,3,4,5,6,7,8,10,11
  • SSP
OnNotifyDressupInfo

着せ替えの情報を通知。
起動時のみ[NOTIFY]で、メニューから切替などユーザーによる操作なら[GET]で送られる。
このイベントの前に発生するOnDressupChangedも参照すること。

Reference*
バイト値1区切りにされた以下の情報:[キャラクターID、カテゴリー名、パーツ名、オプション、有効1/無効0、サムネイルパス]
着せ替え定義の数だけ繰り返される。
ゴースト側で前回の通知からの有効/無効の差分を処理すると、何が変わったかを把握できる。
  • SSP
OnNotifyUserInfo

ユーザーの入力情報を通知。起動時+情報が更新された際に通知。[NOTIFY]

Reference0
呼び方。
Reference1
フルネーム。
Reference2
誕生日。(2003,5,5のようにカンマ区切りで)
Reference3
性別。male(男),female(女),undef(未定義)のいずれか。
  • SSP
OnNotifyOSInfo

OS情報を通知。[NOTIFY]

Reference0
OSのシステム,バージョン,表示用の名前 [カンマ区切り]
Reference1
CPUタイプ,クロックMHz,追加情報 [カンマ区切り]
Reference2
物理,仮想メモリ(KB) [カンマ区切り]
Reference3
システム起動からの経過分。
  • SSP
OnNotifyFontInfo

システムにインストールされているフォントを通知。[NOTIFY]

Reference*
フォント名。
  • SSP