Ghost設定

descript.txt

descript.txt(Ghostの)

概要

ゴーストの基本設定ファイル。
ゴースト名や作者名を始め、shioriの設定や、バルーンの基本位置情報、アイコンなど様々な情報を設定する(できる)。

記述例と基本の書き方

charset,Shift_JIS
type,ghost
name,凡例さん
sakura.name,凡例さん
kero.name,斑糲岩
homeurl,http://ssp.shillest.net/ukadoc/manual/hogehoge/example/

craftman,ukadog
craftmanw,うか犬
craftmanurl,http://ssp.shillest.net/ukadoc/manual/index.html

shiori,satori.dll

type、name、sakuraname、keroname、craftman、craftmanwは必須(SSPの場合省略可能なものもある)。

SHIORIに里々などのdll名が「shiori.dll」でないものを使う場合、shioriにdll名の指定を忘れないように注意。

homeurlはdescript.txtに書く他、ベースウェアからのSHIORI Resource要求に返却する方法でも設定可能(方法はSHIORIによるため略)。
基本的にどちらか一方で指定すればよく、両方指定する場合はサイト移転時などに片方を修正し忘れるなどのミスに要注意。

なお、\や%で始まる文字列はさくらスクリプトや環境変数のタグと見なされ、セキュリティ上のリスクから破棄される。もし単なる文字としてそれらを含めたい場合は、\\や\%などとしてエスケープする必要がある。

charset,文字コード

表示する文字コード。旧い環境との互換性を考慮する場合はShift_JIS、それ以外はUTF-8を推奨。

(OSの標準設定またはSSP->国際化->省略時の文字コード->テキスト定義)

  • SSP
  • CROW
name,ゴースト名

そのゴーストの名前。

省略不可

  • Materia
  • SSP
  • CROW
type,種別

ファイルセットの種別。ゴーストの場合はghost。

省略不可/SSPではghost/masterにあるdescript.txtならghostと識別される

  • Materia
  • SSP
  • CROW
craftman,作者名

そのゴーストの作者名。半角英数のみ。

省略不可/SSPでは値なし

  • Materia
  • SSP
  • CROW
craftmanw,作者名

そのゴーストの作者名。

省略不可/SSPでは値なし

  • Materia
  • SSP
  • CROW
id,ID名

そのゴーストのID名。半角英数のみ。
SSPでは起動ログ表示モードでのみ有効。

値なし

  • Materia
  • SSP
  • CROW
title,表示名

そのゴーストの起動ログでIDの変わりに表示される名前。半角英数のみ。
SSPでは起動ログ表示モードでのみ有効。

値なし

  • Materia
  • SSP
  • CROW
craftmanurl,URL

作者のURL。

値なし

  • Materia
  • SSP
  • CROW
homeurl,URL

ネットワーク更新用のURL。
ゴースト起動中はSHIORI側の記述が優先され、エクスプローラ上での更新やプロパティシステムによる呼出は(SHIORI読み込みコストを避けるため)こちらが優先される。
urlの末尾に/を忘れないように注意。

値なし

  • SSP
readme,ファイル名

インストール時やオーナードローメニューから開かれるゴーストの説明テキストファイル名。

readme.txt

  • SSP
readme.charset,文字コード

説明テキストファイルの文字コード。

(OSの標準設定またはSSP->国際化->省略時の文字コード->readme)

  • SSP 2.5.10
sakura.name,名前

本題側のゴーストの名前。

省略不可

  • Materia
  • SSP
  • CROW
sakura.name2,名前

本題側のゴーストの名前。愛称等。

値なし

  • SSP
kero.name,名前

相方側のゴーストの名前。

省略不可/SSPの場合sakura.name ※ウインドウのタイトル設定に使用される

  • Materia
  • SSP
  • CROW
char*.name,名前

\p[*]の名前。

省略不可/SSPの場合kero.name ※ウインドウのタイトル設定に使用される

  • SSP
sakura.seriko.defaultsurface,数値

本体側のゴーストのデフォルトのサーフェス番号。

0

  • SSP
kero.seriko.defaultsurface,数値

相方側のゴーストのデフォルトのサーフェス番号。

10

  • SSP
char*.seriko.defaultsurface,数値

\p[*]のゴーストのデフォルトのサーフェス番号。

10

  • SSP
balloon.defaultsurface,数値

バルーンのデフォルトのサーフェス番号。

0

  • SSP
sakura.balloon.defaultsurface,数値

本体側のバルーンのデフォルトのサーフェス番号。

0

  • SSP
kero.balloon.defaultsurface,数値

相方側のバルーンのデフォルトのサーフェス番号。

0

  • SSP
char*.balloon.defaultsurface,数値

\p[*]のバルーンのデフォルトのサーフェス番号。

0

  • SSP
seriko.alignmenttodesktop,位置情報

全体のサーフェスのデフォルト※表示位置情報
スコープ個別指定(sakura.seriko.alignmenttodesktopなど)より優先度が低い。
※これ<ゴースト側スコープ個別指定<シェル側全体指定<シェル側スコープ個別指定

bottom

  • SSP
  • CROW
sakura.seriko.alignmenttodesktop,位置情報

本体側のデフォルト※表示位置情報
ゴースト側全体指定(seriko.alignmenttodesktop)より優先度が高く、シェル側指定より優先度が低い。
※ゴースト側全体指定<これ<シェル側全体指定<シェル側スコープ個別指定

値なし

  • SSP
kero.seriko.alignmenttodesktop,位置情報

相方側のデフォルト※表示位置情報
ゴースト側全体指定(seriko.alignmenttodesktop)より優先度が高く、シェル側指定より優先度が低い。
※ゴースト側全体指定<これ<シェル側全体指定<シェル側スコープ個別指定

値なし

  • SSP
char*.seriko.alignmenttodesktop,位置情報

2人目以降の相方側のデフォルト※表示位置情報
ゴースト側全体指定(seriko.alignmenttodesktop)より優先度が高く、シェル側指定より優先度が低い。
※ゴースト側全体指定<これ<シェル側全体指定<シェル側スコープ個別指定

値なし

  • SSP
sakura.defaultx,X座標

本体側の画像ベースX座標。

画像中央X座標

  • SSP
kero.defaultx,X座標

相方側の画像ベースX座標。

画像中央X座標

  • SSP
char*.defaultx,X座標

2人目以降の相方側の画像ベースX座標。

画像中央X座標

  • SSP
sakura.defaulty,Y座標

本体側の画像ベースY座標。

画像下端Y座標

  • SSP
kero.defaulty,Y座標

相方側の画像ベースY座標。

画像下端Y座標

  • SSP
char*.defaulty,Y座標

2人目以降の相方側の画像ベースY座標。

画像下端Y座標

  • SSP
sakura.defaultleft,X座標

本体側のディスプレイ上でのデフォルトX座標。

不明

  • SSP
kero.defaultleft,X座標

相方側のディスプレイ上でのデフォルトX座標。

不明

  • SSP
char*.defaultleft,X座標

2人目以降のディスプレイ上でのデフォルトX座標。

不明

  • SSP
sakura.defaulttop,Y座標

本体側のディスプレイ上でのデフォルトY座標。
seriko.alignmenttodesktopがfreeである場合のみ有効。

不明

  • SSP
kero.defaulttop,Y座標

相方側のディスプレイ上でのデフォルトY座標。
seriko.alignmenttodesktopがfreeである場合のみ有効。

不明

  • SSP
char*.defaulttop,Y座標

2人目以降のディスプレイ上でのデフォルトY座標。
seriko.alignmenttodesktopがfreeである場合のみ有効。

不明

  • SSP
seriko.defaultsurfacedirectoryname,ディレクトリ名

初回起動時や一度もシェルを切り替えたことのない時に、標準で読み込まれるシェルのディレクトリ名を指定する。

master

  • SSP
sstp.allowunspecifiedsend,数値

0でゴーストを指名しないSSTPを受けない。デフォルトは1。

1

  • Materia
  • SSP
  • CROW
sstp.allowcommunicate,数値

0でCOMMUNICATEを受けない。デフォルトは1。

1

  • SSP
sstp.alwaystranslate,数値

1でSSTPオプションにかかわらず常時MAKOTOトランスレート+SHIORI OnTranslateを実行。デフォルトは0。

0

  • SSP
name.allowoverride,数値

0でシェル側のsakura.name/kero.nameを使用しない。デフォルトは1。

1

  • SSP
shiori.version,バージョン

SHIORIのプロトコルバージョン指定。
SHIORI/ 2.0のみに対応する古い栞等で指定が必要になる場合がある。

値なし(2.0で呼び出し施行した後、応答がない場合に3.0で呼び出し)

  • SSP
shiori.cache,数値

0でゴーストキャッシュが動作する条件下でも常にSHIORIをunloadする。デフォルトはSSP 2.4.73まで1、2.4.74以降は0。

1

  • SSP
shiori.encoding,文字コード

SHIORIとの通信を指定した文字コードで行う。SHIORI側からCharsetヘッダが返された場合はSHIORI側が優先される。

値なし

  • SSP
shiori.forceencoding,文字コード

SHIORIがCharsetヘッダを返したか否かに関係なく、SHIORIとの通信を指定した文字コードで強制的に行う。

値なし

  • SSP
don't need onmousemove,数値

1でOnMouseMoveを送らなくなる。

0

  • Materia
  • SSP
don't need bind,数値

1で着せ替えを無効にする。

0

  • Materia
  • SSP
don't need seriko talk,数値

1でSERIKO talkメソッド(口パク)機能を無効化する。

0

  • Materia
  • SSP
balloon.dontmove,true

バルーン位置調整の標準設定をOFFにする。

false

  • SSP
icon,ファイル名

そのゴーストのタスクトレイアイコン。

値なし(SSPではSSPの標準アイコンを表示)

  • Materia
  • SSP
  • CROW
icon.minimize,ファイル名

そのゴーストの最小化した際のアイコン。

icon

  • SSP
cursor,ファイル名 / mousecursor,ファイル名

そのゴーストに使用するカーソル。mousecursorと書けるのはSSP 2.5.41から。

OSで設定されたカーソル(矢印)

  • Materia
  • SSP
  • CROW
mousecursor.text,ファイル名

ゴーストの入力ボックスに使用するカーソル(I-BEAM)。

OSで設定されたカーソル(I型)

  • SSP 2.5.41
mousecursor.wait,ファイル名

ゴーストがなにか処理中で応答できないときに使用するカーソル(腕時計型)。

OSで設定されたカーソル(腕時計)

  • SSP 2.5.43
shiori,ファイル名

そのゴーストが使用するSHIORIのファイル名。

shiori.dll

  • Materia
  • SSP
  • CROW
makoto,ファイル名

そのゴーストが使用するMAKOTOのファイル名。

makoto.dll

  • Materia
  • SSP
  • CROW
shiori.logo.file,ファイル名

AIグラフ背景に使用する画像ファイル名。
複数グラフ表示の場合は拡張子の前に数字をつけたものを読み込む。
例:aigraph.pngと指定した場合、aigraph0.png、aigraph1.png…
画像サイズは288x288pxでグラフ描画面一杯になる。

ai.png(ai0.png、ai1.png…)、なければベースウェア標準背景

  • Materia廃止仕様
  • SSP 複数指定は2.4.26~
shiori.logo.x,X座標

AIグラフ背景に使用する画像ファイルを表示するX座標。
shiori.logo.alignも参照してください。

0

  • Materia廃止仕様
  • SSP
shiori.logo.y,Y座標

AIグラフ背景に使用する画像ファイルを表示するY座標。
shiori.logo.alignも参照してください。

0

  • Materia廃止仕様
  • SSP
shiori.logo.align,位置情報

shiori.logo.x,yで指定した座標の基準点を指定。通常は左上。
左上(lefttop)・左下(leftbottom)・右上(righttop)・右下(rightbottom)を指定可能。

lefttop(左上基準)

  • Materia廃止仕様
  • SSP
install.accept,名前1,名前2,名前3...

カンマ区切りで列挙した名前のゴースト用narファイルをインストール可能にする。

挙動なし

  • SSP

サーフェスの位置情報

top
上部に貼り付き表示。
bottom
下部に貼り付き表示。
free
自由移動。

descript.txt - 推奨バルーン

balloon,バルーン名

標準で使用するバルーン名。

不明 | SSPバルーンか、ユーザーが設定した標準バルーン( on SSP)

  • Materia
  • SSP
default.balloon.path,パス

標準で使用するバルーンの相対パス。

不明| SSPバルーンか、ユーザーが設定した標準バルーン( on SSP)

  • SSP
recommended.balloon,バルーン名

推奨使用バルーン名。これ以外に切り替えようとすると強い内容の警告が出る。

指定なし

  • SSP 2.4
recommended.balloon.path,パス

推奨使用バルーンの相対パス。これ以外に切り替えようとすると強い内容の警告が出る。

指定なし

  • SSP 2.4