ネットワーク更新

ネットワーク更新のための設定などは「ネットワーク更新への対応」のページを参照。

ネットワーク更新に関係するファイルの配置は以下の通り。

ゴーストの場合
+-(myghost)
  +-ghost
  +-shell
  +-updates2.dau
  +-updates.txt
  +-delete.txt
  +-developer_options.txt (SSPのみ)
  +-readme.txt
  +-thumbnail.png
(SSPのみ)追加シェルをネットワーク更新に対応させる場合
+-(myshell)
  +-ghost
  +-shell
  +-updates2.dau
  +-updates.txt
  +-delete.txt
  +-developer_options.txt
  +-readme.txt
  +-thumbnail.png
(SSPのみ)バルーンをネットワーク更新に対応させる場合
+-(myballoon)
  +-updates2.dau
  +-updates.txt
  +-delete.txt
  +-developer_options.txt
  +-descirpt.txt
  +-balloons*s.txt
  +-balloonk*s.txt
  +-readme.txt
  +-balloons*.png
  +-balloonk*.png
  :
  :

他、プラグイン、ヘッドラインなども同様に、そのフォルダ内に設置すればよい。

updates2.dau

更新対象とするファイルのMD5ハッシュ値などが列挙されたファイル。

ネットワーク更新で、サーバにあるファイルと実際にダウンロードされたファイルの間で、ファイルが破損・改竄などされていないかを検出する目的で用いられる。

普通ベースウェアの機能を用いるなどして作成するもので、人が編集する必要はない。

作成手順などは「ネットワーク更新への対応」のページを参照

updates.txt

updates2.dauとほぼ同じ意味を果たすもの。どちらか一方があればよい(両方あっても問題ない)。

書式が多少異なるほか、拡張子制限でdauがアップロードできない等の問題を回避できる。

delete.txt

ファイルの削除設定ファイル。

サーバ上でupdates2.dauと同じ位置に配置する。

不要になったファイルが肥大するのを防ぐなどの目的で使う。

書式など詳しくはリンク先を参照。

developer_options.txt

SSPのみ。

updates2.dauを作成したい位置(一番上のディレクトリ)に配置する。

SSPでupdates2.dau(updates.txt)を作る場合に、対象に含めないファイルなどを指定するためのファイル。

サーバ上にアップロードする必要はない(自身を除外ファイルに指定するなどで可能)が、あっても害はないので、ユーザが再度narにしなおすなどの状況を考えつつ自由に。

書式など詳しくはリンク先を参照。