502: 【要望】「専用バルーン」を支援できる仕組み

ばぐとら研究所統合ToDo管理システムへようこそ!バグ報告に限らず様々な要望を扱うシステムです。
まずは同じような内容がないか [検索] した後、無ければ [新規レポート] で作ってみましょう。
Windows 8以降、高速スタートアップが実装された関係で、SSP以外の部分に起因する不具合発生が出てきました。
何か挙動がおかしいかな、と思ったら、一度再起動(シャットダウン->起動ではなく)してみてから再度確かめてみてください。

最新状況

名前 ななっち
概要 【要望】「専用バルーン」を支援できる仕組み
状態 [−]新規
作成日時 2016-09-18 00:31:00
最終更新日時 2016-10-03 22:05:23

履歴

1 | 2016-09-18 00:31:00 | [−]新規
もっしょくし
▼概要
昨今製作者側でゴースト側UIに工夫を凝らすケースも多くなり、それに
伴って表示環境を限定する目的から、特定のバルーンのみ使うような需
要が高まっているようです。
現状でも専用バルーンとして、そのゴーストでしか使われない・且つそ
のゴーストではそれしか使わないような前提のバルーンを同梱配布して
いるケースは見受けられますが、システム的に「専用」ではないことか
ら、さまざまな弊害や、煩雑な処理(例えばバルーン切り替えイベント
での切り替え阻止など)が関連して発生しているようです。
そこで、この際ベースウェアのシステムにおいても「専用バルーン」を
サポートしてはどうかとして提案しました。

▼利点
後述の仕様が実装された場合、以下のようなメリットが考えられます
・特定バルーンの使用を前提としたゴーストのUI表現などがしやすくな
る
・他のゴーストで利用できないようなバルーンがメニューに表示されな
くなることによるメニュー表示のスリム化・対応外ゴーストでの使用阻
止
・専用バルーンの誤削除の防止
・ゴースト削除時に専用バルーンだけ残ってしまう状況の回避
・起動時の読み込み時間抑制

▼仕様案
□ファイル配置
・NAMED以下、balloonフォルダに配置(シェルと同様)

□インストール回り
・narドロップと、ゴーストの更新ファイルやnarに直接含める方式の何
れも採用できる。
・narドロップの場合install.txtのtypeは普通通りballoonにする。
 + acceptにゴースト名(さくら名)指定。追加シェルと基本同じ。

□結合バルーン
・ghost側descriptに項目新設(仮:balloon.union)
 指定はバルーン名(一つだけ)。もしバルーン名被った場合はprivate優先。
 これがある場合はそのバルーン以外そのゴーストは利用できない。オナドロやエクスプローラで選択不能になり、さくらスクリプトchange,balloonでもほかのバルーンが選択されない
 バルーンはprivateだけでなくpublicバルーンも指定可能
 指定されたバルーンが存在しない場合、通常通り他のバルーンが利用される(union設定が無視される)
・unionでないprivateバルーンは「そのゴーストの時だけ選べるバルー
ン」という扱い

□バルーン系イベントでの通知
・自分のprivateとpublicが通知される
・OnBalloonChange → R2にprivateかpublicか表示?
・installedballoonname → private + public
 installedprivateballoonnameとinstalledpublicballoonname新設?

□ゴースト側descript
・balloon.union(仮名)のみ新設。指定はバルーン名(一つだけ)。も
しバルーン名被った場合はprivate優先

□プロパティシステム
・とりあえず暫定仕様で、自分のprivateとpublicを区別しないで扱う
 ほかのゴーストのprivateバルーン取得や、バルーンのアクセシビリテ
ィの取得などは最初は考えず、需要が出てきたらでいいのでは

□オーナードローメニュー
・自分のprivate+publicのみ表示。セパレータ(罫線)で区分けして、
セパレータより上がprivateで下がpublic。フォルダ分けがある場合もセ
パレータより下のpublic側だけサブメニュー配置。
・履歴メニューも基本同じ(従来通りフォルダ分けはない)
・union指定のバルーンがある場合はほかの全てのバルーンが無効化(グ
レーアウト)される。

□エクスプローラ
・自分のprivate+publicのみ表示。
・グループ列で何らかの区別(*private*色とか斜線とか太字とか。
privateという言葉だけだとprivateフォルダ作られた時が面倒)
・union指定のバルーンがある場合は他全てのバルーンが無効化(選べな
いように)される。表示上はグレーアウトなど?
・また、privateバルーンはデフォルトバルーンに設定できないように。


□本体設定
・unionを無視する設定新設?

□使ってるぞグラフ
・private無視。

□その他
・ukadocなどで他のゴーストでも使えるバルーンは極力privateにしない
よう、private設置の思想・背景を周知しつつ注意喚起



何かツッコミあれば(ぽなさん以外でも)ぜひお願いします。

2 | 2016-09-18 00:49:21 | [−]新規
もっしょくし
ちょっと前提が抜けたので補足

要は
・privateバルーン=追加シェルみたいにゴースト内にバルーンをもって
使える仕様
・結合(union)バルーン=ゴーストのバルーンを固定して変更できなく
しちゃう設定の仕様

っていう二つに分かれた仕様の提案です。目的的に関連してるのでまと
めて書いちゃったのですが…

3 | 2016-09-18 01:16:41 | [−]新規
ななっち
ご意見募集、と伺いましたので、自分の意見を書き込ませて頂きます。

バルーン変更できないゴースト・そのゴーストでしか使えないバルーン
という仕組みができることには反対の立場です。
なぜなら「ユーザとして多少おかしくなってでも自由に使いたい」とい
う需要があるからです。(主に自分ですが)
バルーンは今まで「当然としてユーザの自由にカスタマイズできる領
域」であったので、それを侵すべきではないという考えです。
むしろ表現のためとしてバルーン変更後強制的に戻す等が好ましくない
手法と認識しているところです。

使うバルーンの固定という意味では異なる部分がありますが、
望まないバルーンインストールを避ける代案として、シェル以外の同梱
物については逐一それをインストールするかどうかを選択できるように
することを提案します。
個人的に不要なバルーンやプラグインが同時にインストールされてしま
う問題の対策として Narからゴースト部分(+必要な追加インストー
ル)を抜き出すツールを配布しています。
この代替的な機能をベースウェアが果たせばユーザが望まないインスト
ールを避けることができるので、ある程度の問題の緩和は可能と考えま
す。

4 | 2016-10-03 20:45:51 | [−]新規
もっしょくし
twitterでのみ交換した意見も踏まえつつ提案を大幅に変更します。
簡潔にいうと(前回提案はいったい白紙撤回の上で)、
「あるバルーンを特定ゴースト以外に使ってほしくない」
「あるゴーストでは特定のバルーン以外使いたくない」
という二種類の意思表示の為の設定と、その設定に関するSSP側の機能・
設定の追加の要望です。

制作側目線では設定を使わなければ今まで通り、ユーザ側目線でも本体
設定一つで完全に今までと同じ挙動にできる仕様を提案しています。

なお当初言っていたプライベートとか結合という概念はあんまり無くな
りました。

▼提案詳細
□ゴースト推奨バルーン
・ゴースト側から特定バルーンへの関連を宣言できる仕組み。
 そのゴーストが特定のバルーンの利用を前提として作られており、他
のバルーンの使用はお勧めできないという事の明示。
・ゴーストのdescript.txtの「recommended.balloon」および「
recommended.balloon.path」プロパティで宣言(カンマ区切りで複数
可)。pathがある場合path優先。
 ⇒balloonおよびdefault.balloon.path設定がない場合は、「
recommended.balloon」と「recommended.balloon.path」がそれぞれを兼
ねる(ある場合は向こうが優先)。
・そのゴーストから開いたオーナードローメニューのバルーンメニュー
では推奨バルーンを最上部に表示するなど強調。
 ⇒履歴メニューは普通でよい
・そのゴーストから開いたエクスプローラでは推奨バルーンをアイコン
やフォントや何かで強調。
・そのゴーストから推奨バルーン以外にバルーンを変更しようとした場
合、(少なくとも初回は)警告表示。
 ⇒さくらスクリプトでの変更の場合は警告不要(ゴースト作者の意思
による変更なのでユーザに警告しても無益)。
 ⇒「あるバルーンがゴーストのイメージに合うけど別にほかのバルー
ンでも普通に使えるよ」ぐらいの場合には推奨バルーン指定はしない。
警告出すレベルで使って欲しくないのかどうかがで設定有無を決めるよ
うな感じ。
・あるバルーンが削除されようとしたときに、そのバルーンが何らかの
ゴーストから推奨バルーンとして指定されていないかを走査し、推奨関
係がある場合はそのゴーストがまともに動作しなくなる可能性を警告す
る。

□バルーン推奨ゴースト
・バルーン側から特定ゴーストへの関連を宣言できる仕組み。
 特定ゴーストでの利用を想定して作られたバルーンであって、他のゴ
ーストでの使用はお勧めできないという事の明示。
・バルーンのdescript.txtの「recommended.ghost」および「
recommended.ghost.path」プロパティで宣言(カンマ区切りで複数
可)。pathがある場合path優先。
・指定の推奨ゴーストからオーナードローメニューのバルーンメニュー
が開かれた場合に、そのバルーンを最上部に表示するなど強調。
 ⇒履歴メニューは普通でよい
・指定の推奨ゴーストから開いたエクスプローラでは、そのバルーンを
アイコンやフォントや何かで強調。
・推奨ゴースト以外からそのバルーンに変更しようとした場合、(少な
くとも初回は)警告表示。
 ⇒さくらスクリプトでの変更の場合は警告不要(ゴースト作者の意思
による変更なのでユーザに警告しても無益)
 ⇒「あるゴーストをイメージして作ったバルーンだけど別に他のゴー
ストでも使えると思うよ」ぐらいの場合には推奨ゴースト指定はしな
い。警告出すレベルで使って欲しくないのかどうかがで設定有無を決め
るような感じ。
・あるゴーストが削除されようとしたときに、そのゴーストが何らかの
バルーンから推奨ゴーストとして指定されていないかを走査し、推奨関
係がある場合はそのバルーンも一緒にアンインストールするか選択肢を
提示する。

□本体設定
・全体設定:推奨バルーンも推奨ゴーストも完全無視する設定(デフォ
ルトオフ)
・全体設定:バルーンに推奨ゴースト設定がある場合、推奨ゴースト以
外のメニューにはそのバルーンを表示しない設定(デフォルトオフ)
・ゴースト毎の設定:「必ず推奨バルーンを使う」⇒バルーンメニュー
から他のバルーンを消す(デフォルトオフ)
 ⇒推奨バルーン設定がない場合は項目自体非アクティブ

□バルーン系SHIORI Eventでの通知
・OnBalloonChangeで変わったバルーンが「そのゴーストの推奨バルーン
でない場合」と「そのバルーンの推奨ゴーストが自分でない場合」を通
知してくれると嬉しい。

□インストール関係
・ゴーストインストール時に推奨バルーンとして指定されているバルー
ンがインストールされていない場合に、正しく動作しない可能性の警
告。
・ファイル配置は普通のバルーン・ゴーストと同じ。

□プロパティシステム
・特定のバルーンの推奨ゴーストや、特定のゴーストの推奨バルーンを
取得できる手段があると意味があるかもしれないが、別途需要があれば
でいいとおもう。

□使ってるぞグラフ
・普通のバルーン・ゴーストと同じ。

▼補足
□修正案趣旨
ななっちさんの意見を組み、ゴースト・バルーンの束縛をほぼなくした
上で、ある程度当初の要望の肝を生かした案としたつもりです。
ユーザの選択肢を殺すほどに制作者側の都合に配慮するのではなく、制
作者の意思をユーザにはっきりと示した上で、最終的にどうするかはユ
ーザに委ねる形を目指しています。

□バルーンをゴーストに内蔵させることについて
全てのバルーンがすべてのゴーストから自由にアクセスできる形をとる
場合、ゴーストとバルーンが独立していた方が扱いやすいはずなので、
もはや内蔵させるメリットはないと考えてオミットしました。

□インストール時選択について
まず同梱バルーンには、「ゴーストと機能的なレベルで依存関係にある
バルーン(以下、専用バルーン)」から、「ゴーストに似合うデザイン
のバルーン(以下、イメージバルーン)」という程度の趣旨の幅がある
と思います。
後者のイメージバルーンをインストールするかどうかについて選択肢を
提供する事には、ある程度以上意味があると思います。
ただ、今回の自分の要望はどちらかというと「専用バルーン」を念頭に
置いている為、インストール時選択は噛み合わない部分が多いかもしれ
ません。
というのも、提案時には制作者側のメリットを強調する形にはなりまし
たが、初期案のメリットに書いた
>他のゴーストで利用できないようなバルーンがメニューに表示されな
くなる事によるメニュー表示のスリム化
というのは、「専用バルーンのような特定のゴーストでしか使わないバ
ルーンが、不要な場面で表示されたり、ゴーストを削除しても残ってい
るのが邪魔」というユーザとしての自分のスタンスからの要望でもあ
り、この立場に立つとななっちさんのおっしゃる
>望まないバルーンインストールを避け
たいということは普通無いどころか、むしろインストール時点では「そ
のゴーストの構成要素として」専用バルーンは「必ずインストールした
い」事が殆どだからです。
どちらかといえば、専用バルーンの対象でないゴーストのバルーンを選
ぶ場合に専用バルーンの標示が邪魔になる点や、ゴースト削除後にその
ゴーストの専用バルーンだけ残って邪魔になる(何故なら自分にとって
専用バルーンはあくまでゴーストの一部分という意味合いがほぼ全ての
為)点の改善を要望しています。
従って、個人的な要望により適うのは、本案で述べたオーナードローメ
ニュー・エクスプローラでの特別扱いと、インストール時でなく「アン
インストール時の選択・警告」となります。

むしろ自分のスタンスとしては、インストール時選択を実装するのであ
れば、「同梱の推奨バルーンをインストールしない選択をする場合に警
告を出す」ような仕組みを更に求めたいところです。

□当初メリットとして挙げた起動時の読み込み時間抑制は
本案では考慮外としました。強いて言えば推奨ゴーストを失ったバルー
ン(未亡バルーン?)の一斉削除などの手段が提供されれば有用でしょ
うが、本体機能でなく外部ツールでよいかもしれません。
また先述の通り、「イメージバルーン」に限れば、インストール時選択
も効果があるでしょう。

□本体サポートでなくゴースト側実装で頑張ってくださいな部分
・完全に他のバルーンへの切り替えを阻止するような強力な実装
 ⇒本体側でサポートするのではなく、ゴースト側で努力してもらう方
向に。
・推奨バルーンが無い場合に配布先を提示するような機能
・推奨バルーンの存在判定(installedballoonameとかプロパティシステ
ムで頑張って)
 ⇒「そのゴーストを推奨ゴーストにしているバルーン」の検出は難し
いかもしれませんが、正直あんまり需要がない気もするので、あったら
別要望で出してくださいってことで。

以上引き続きぽなさん以外からもツッコミお待ちしてます。

5 | 2016-10-03 22:05:23 | [−]新規
ななっち
お疲れ様です。新しい提案を拝見いたしました。
思うところを記入させて頂きます。


■新案について
バルーン側とゴースト側でそれぞれバルーンを指定することが出来る一
方で、推奨にとどめユーザに縛りを設けないという仕様として、良いも
のだと思います。

■インストール時選択について
インストール時選択についても対案が示されたことによって必ずしも必
要なものではなくなったように思います。。
(専用バルーン仕様に関係なく以前より欲しいと考えていた機能ではあ
るので、今回の案によってユーザ側のバルーン選択の自由度の確保の点
では必ずしも必要でないものである一方、個人的な意見にはとどまりま
すが弱い要望として置いておきたいものです)

■提案
設定側で意思表示を行い、ユーザ側が最終的に決めるという仕組みを保
証するためには、例えばOnBalloonChanged で例えば推奨バルーン意外に
変更した時に、カウンター的に指定のバルーンに変更する方法は想像に
難くなく、この手法からバルーンの設定の自由を保護する必要があるの
ではないかと思います。
(現行のイベントでも可能ですが、推奨かそうでないかの判別を行うな
ら特に)
示されている「完全に他のバルーンへの切り替えを阻止するような強力
な実装」にあたるかはわかりませんが、実装としてはおそらくかんたん
に出来てしまうものなので…

そこで、「ゴーストごとの設定」にゴーストからの変更を許可するかの
設定ができると良いかと提案致します。

(これを言っていくと、あれOK、これダメのような権限的設定が増えて
いきそうな危惧もある一方で、vanishbymyself抑制なども色々散らばり
そうなので、話が逸れますが何か権限設定として纏めるのも良いかも?
 ゴーストからのシェル変更・バルーン変更・バニッシュ・などなど・
・)

[リプライをつける]
Bug Tracking System 影舞 0.8.8
Powered by Ruby 1.8.7