2: 色による(不定形)コリジョン定義

ばぐとら研究所統合ToDo管理システムへようこそ!バグ報告に限らず様々な要望を扱うシステムです。
まずは同じような内容がないか [検索] した後、無ければ [新規レポート] で作ってみましょう。
Windows 8以降、高速スタートアップが実装された関係で、SSP以外の部分に起因する不具合発生が出てきました。
何か挙動がおかしいかな、と思ったら、一度再起動(シャットダウン->起動ではなく)してみてから再度確かめてみてください。

最新状況

名前 まめ
概要 色による(不定形)コリジョン定義
状態 [?]意見求む
作成日時 2006-11-26 22:41:16
最終更新日時 2007-12-25 21:52:58

履歴

1 | 2006-11-26 22:41:16 | [?]意見求む
Wiz★
現在のコリジョン定義は矩形の集合として定義しますが、

コリジョン専用の画像を用意して(仮名pnc)、
「顔なら顔の形に赤く塗って、赤は顔と書いておく」

というような当たり判定定義の仕方はいかがでしょうか。

2 | 2006-11-26 22:41:55 | [?]意見求む
ぽな@ばぐとら
不定形コリジョン定義は、Wiz★さんのおっしゃる通りの仕様ですでに検
討中です。
…もっとも、わざわざ当たり判定のためだけに別の画像を持ち出してく
るのもけっこうアレなので、もうちょっと省資源な実装はないものかと
も考えていますが…

3 | 2006-11-26 22:42:18 | [?]意見求む
Wiz★
検討中ですか!
楽しみに待っています。

透過のためにpnaを一枚一枚入れていることを思うと、
そんなに画像の枚数自体は気にならない気がします。

当たり判定は大きくシルエットが変わらないゴーストの場合、
一枚の当たり判定ファイルで複数のサーフェスの当たり判定を定義すれ
ば枚数も減らせると思いますし。(その実装が楽なのかどうなのかは僕
にはわからないのですが)

4 | 2007-12-25 21:52:58 | [?]意見求む
まめ
初めてで突然飛び入り、すみません。

で・・・色で判定というのは作成側にはかなり便利かも。
ちょっと複雑になりますが、RGB判定ができれば相当細かい
反応設定が可能になります。
ただ、その、まあ・・・やっぱりどう考えても今より
はるかにややこしくなってしまいますね(嘆息)。
何ぞアイディアの足しにでもなれば、ということで。

それがあれば、ちょっとしたアドベンチャー系ゲームの
作成も可能になりますね・・・(今でも十分可能では
ありますが)。

最近伺かのことを知って、ごそごそいじっていますが、
比較的簡単な手続きで相当いろいろできることに驚いています。
SSP愛用させて戴いています。感謝!。

[リプライをつける]
Bug Tracking System 影舞 0.8.8
Powered by Ruby 1.8.7