20: install.txt説明における「コロン」表記について

ばぐとら研究所統合ToDo管理システムへようこそ!バグ報告に限らず様々な要望を扱うシステムです。
まずは同じような内容がないか [検索] した後、無ければ [新規レポート] で作ってみましょう。
Windows 8以降、高速スタートアップが実装された関係で、SSP以外の部分に起因する不具合発生が出てきました。
何か挙動がおかしいかな、と思ったら、一度再起動(シャットダウン->起動ではなく)してみてから再度確かめてみてください。

最新状況

名前 朽木。
概要 install.txt説明における「コロン」表記について
状態 [済]処理済
作成日時 2011-12-30 09:23:56
最終更新日時 2011-12-31 07:23:44

履歴

1 | 2011-12-30 09:23:56 | [−]新規
朽木。
区切り文字としてコロン(;)と説明されていますが、
フォーマットではセミコロン(;)が使用されています。


refreshundeletemask,ファイル名1;ファイル名2...
refreshの消去から除外するファイル名。
複数ある場合はコロンで区切る。

refreshundeletemask,ファイル名1;ファイル名2...
refreshの消去から除外するファイル名。
複数ある場合はコロンで区切る。

2 | 2011-12-30 22:25:56 | [済]処理済
comitter
SSP/2.2.62でコロン(:)とセミコロン(;)の両方を確認したところ、コロ
ン(:)を区切り文字として認識しているようでしたので、コロン(:)に修
正しました。

3 | 2011-12-31 07:23:44 | [済]処理済
朽木。
対応ありがとうございます

> SSP/2.2.62でコロン(:)とセミコロン(;)の両方を確認したところ、コロ
> ン(:)を区切り文字として認識しているようでしたので、コロン(:)に修
> 正しました。

[リプライをつける]
Bug Tracking System 影舞 0.8.8
Powered by Ruby 1.8.7